FC2ブログ
来島丸日記 ホーム »2018年09月21日
2018年09月の記事一覧

アクション鯛ラバ(鯛カブラ)  


鯛ラバの巻き方というのは一般的には「一定のスピードで巻き続ける」ですね。


私はHPを読んでもらったら分かると思いますが、以前から否定派です。

意外と変な巻き方をしてる人に釣れたりするのを見てますし、自分でも鯛ラバの後ろに鯛がついてきた時は変化をしたほうが釣れてるので積極的に動かしてます。


ただ、どうも最近は常に動かしていたほうが良いような気がしてきました。


更に助かるのはセッティングも楽になるようです。

綺麗に一定巻きする人はセッティングが結構シビアにしなければショートバイトの嵐になります。

もちろんちゃんとセッティング出来てる人はガッツリ食ってます。

でも動かす事によってショートバイトの嵐だった鯛ラバでもガッツリと食ってくるような気がしますね。



ただどうも動かすとダメな鯛ラバもあるようです。

全部のセッティングなのか一部がダメなのか定かではないのですが・・・

まあ人も変われば動かし方もセッティングも違うので解りにくいのではありますが。

以前から初めてリールを巻く人がぎこちないリーリングで良く釣れるのは偶然ではなかったのかもしれませんね。




まだまだ動かしてる人はごく一部の人なので私も全然わかりませんが、もしかしたら鯛ラバの革命になるかもしれませんね。

一般的ではありませんが、全国的には動かして釣る人もすでにいるかもしれません。

でも公開なんてしてないでしょうし、いろんな人がいろんなアクションをして、どんな状況やどんなセッティングが有効なのかが広まって今より更に釣れるようになると良いですね。

ジグのように色々な巻きパターンが見つかるのかもしれませんね。。


私も最近、試行錯誤しながら巻き方を試していますが、ハッキリ言って釣れたらメチャクチャ楽しいです。

釣れた感より釣ってやった感が倍増しますね。


船のルアーフィッシングでは鯛ラバやスロージギングの登場は革命的だったとは思います。

最近ではタイジグなんかも出てきましたね。

人が見つけたり、やってる事を真似てするのは簡単ですが、自分でやり始めたり、探すのは大変なことです。

かなりのリスクを背負うかもしれませんしね。どの世界でもパイオニアというのは凄い人ばっかりです。



鯛ラバも各メーカーから色々なパーツも出て、作り方も様々なセッティングが出来るようになりました。

同じネクタイでも取り付けるパーツで全然変わってきます。

選択肢が多すぎてジグよりはセッティングが難しいとは思いますが、良いのが出来上がると楽しいです。

まだまだ解らない事だらけだと思いますので、これから発見できると良いですね。

スポンサーサイト



category: 釣りの秘訣

tb: --   cm: --

来島丸釣果  

8/18


今日は3名様での出船でした。

USER2303.jpg

鯛22(リリース4)、ハマチ4、ワカナ2でした。

お一人鯛4~13匹。


竿頭がぶっちぎりでしたね。


ありがとうございました。

category: 来島丸釣果

tb: --   cm: --

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop