FC2ブログ
来島丸日記 ホーム »釣り道具
カテゴリー「釣り道具」の記事一覧

体調不良の為、サビキとジグ製作  

今日は夜中に寝れなくなるほど肩が痛くて休養しました。



連日の激重ジグでのジギングが効いてるようですわ。



今日に限って爆釣していたらどうしよう・・・



なんて考えてしまうが、大事をとって休みです。



最近はスローなアクションが多かったんで、体の負担は大きいですね。



早巻きのアクションの方が楽なんですが・・・



すぐに底を取り直すんで休めますし。





仕方ないのでぐっすり寝て、ジグとサビキの製作開始。



根掛かりとハマチが2.3匹同時に掛かるとジグを切られたりするので



少なくなっていたんで補充しとこう。





240gのジグと160gのジグを作りたかったんだが



160gの型が割れてしまって補修中のため使えないので



240gの型に鉛を少なめに注ぎ作ってみた。



Pap_0616



長さは適当、型に水分があった為、巣が出来てるが関係なし。



バリだけニッパーで切り、ヤスリ掛けも却下。



いいんです。釣れますから(笑)







そしてハマチ用のジギングサビキを製作。



これがかなり時間が掛かってしまうんだよね。



でもかなりの効果があるんで作らないわけにはいかないしな。



効果は連日の釣果でわかっていただけるでしょう。



この時間のある時にサビキの作り方を釣りバカ日記2の方で



アップしておいたので作りたい人は参考にして下さい。



Sn3g0601



Sn3g0603_2



一人でこんな釣果も珍しくないです。効果絶大ですね。







明日は頑張ってシャクリたおして今日の分も取り返します。



今のサイズのハマチの群れはいつまで居るかわからないからね。



例年ならもうすぐ居なくなるはず・・・



今の間にガッツリ釣っておきましょう。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 0

自作サビキの梱包に四苦八苦  

いや〜今日の雨、風は凄かったですね。



ところで、皆さんにお願いがあるのですが・・・





人気ブログランキングへ



ちょっとクリックお願いします。どのぐらい上がるのか試してみたいのです。



楽しみなのでお願いしますね。





今日はブログを見てた人や以前のお客様で、おいらのサビキが欲しい



と連絡をくれた人に発送。



材料費は安いのだが、なんてったって作るのに時間がかかる。



そして何より写真のように紙にまとめるのは超大変。



これはショートバージョンだったから、何とか引っ張ったらスルスルと



市販のサビキのように出てくるように出来たが



長いのは流石に紙に巻きつけるようにしないとダメでしたわ。



難しいですね、市販のように綺麗にはできないです。







Sn3g0557



一応、まだサビキは秘密です。



このサビキの正体は釣りバカ日記2にアップしています。



Sn3g0555



封筒に入れて、効果的な釣り方などを書いたメモを入れて発送。



頑張って食われてくるんだぞ〜と見送ります。



作りすぎてサビキを作るのが非常に早くなったおいらでした。



家にいるときにオークションでおいらのアシストフックが落札されて



すぐに連絡をしたらお客様の対応がむちゃくちゃ早かった。



20分後には発送して取引終了しました。 



新記録かも・・・ありがとうございます。



これもネットでお金が動くようになったメリットですね。



すごい時代ですわ。時代に乗り遅れないように色々勉強しておこう。



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 0

簡単、速攻で出来るラインシステム、SFノット改  

私が愛用しているラインシステムはSFノット改です。

YOUTUBEの動画を見てもらえればわかりますが、私は1つずつ編み込みはしません。
理由は単純に面倒くさい、時間がかかる。「揺れる船の上でそんな事できるか!」と自分で考え今のやり方をみつけました。
慣れてくると編み込んだように綺麗に仕上げることが出来ますよ。

始めに20回以上PEラインをリーダーに巻きつけます。それを左手と右手を戻しつつ右手を上に引っ張り始めに巻きつけたPEラインの上に巻き返します。

そして8の字結びで止めます。この時の注意点は唾でもいいですし、専用のシリコンでも構いませんが、よく滑るようにしておきましょう。PEラインは熱に弱いですので。
それとリーダー(ジグ側)を持って、PEラインのリール側、余りのPEライン、リーダーの余り、すべてを引っ張り、十分に締め込む事が大切です。

普通のSFノットは編み込みをして8の字、もしくはユニノットで終わりです。
それだけでは強度、耐久性不足なのでハーフヒッチを10回ほど行います。
これだけでも強度は上がります。

そしてリーダーを余った切断してライターで炙ってコブを作っておきます。
これを作っておかないとキャスティングなどで何度もガイドを通るうちにスッポ抜けることがあるかもしれません。
最後にもう一度PEラインをハーフヒッチをPEラインの上に10回程行います。
これはリーダーの最後の部分とPEラインの固さが違いすぎる為に境目のPEラインに負担が掛かりすぎるので、それを軽減させる目的です。

そしてPEラインを切断してライターで炙って完成です。

ハーフヒッチは左右交互にする人もいますが、強度や耐久性は変わらないので、スピーディーにできる同じ方向でやっています。


ジギング、キャスティング、エギング、すべてこれで行っています。
8の字結びのコブが嫌だという人はこの方法でFGノットをお勧めします。
私も以前はキャスティングはFGノットを使用してましたが、SFノットでも、きちんと結び目を第2.3ガイドあたりに持ってくるようにしていれば、キャスティング時に結び目が引っ掛かって切れる事はないです。





以上、HPからの コピペなんで、硬い言葉ですが気にしないでください。





今まで色んなラインシステムを試してきたけど



どれもしっくりいかないので試行錯誤しましたね。



時間が掛かりすぎたり、船の上や風のある時に作り難かったり・・・・



ボビンホルダーを使ったノットなんて論外。



今ではほとんどの釣り方にPEラインを使っているのに



いちいちボビンホルダーなんて持っていけません。



家でじっくり出来る時はいいけどね。



ナブラが出ているときや時合いの時は



最後のハーフヒッチはなくても構いません。



これは耐久性を上げただけで、強度的には変わらないと思いますので。





うまく出来るまでひたすら練習あるのみです。



どんなノットでもそうですが、きちんとした結び方が出来ていても



ちょっとした巻き方、締め込み方の違いで強度や耐久性が変わってくるので



何度も練習しましょう。







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 少しでも参考になったという方はクリックお願いします



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 0

サビキ用のスーパー回転ビーズ  


サバが何処に行ったかわからなくなった〜〜。




釣れないどころか魚が魚探にほとんど映らない。








なので今日は自作サビキのエダスをつけるときの回転ビーズの話です。




サビキをしていると、どうしてもサビキが回転してしまって




ラインによれが出来てしまい、絡みやすくなります。




途中に何個もヨリモドシをつけたり、三又のヨリモドシでエダスをつけたり




色々試しましたが、どれもうまくいきません。






サビキを綺麗に作っているので初めのうちは回転しませんが




魚が釣れたりするとバランスが崩れてしまって回転し始めます。




水深50メートルから上げてくるとヨレは、かなり出来てしまいます。




船の上に仕掛けを置くとヨレているんで、すぐに絡んで投入に時間がかかってしまう。




そこであまり期待をしていなかったが、回転ビーズを使ってみたら




かなり具合が良くなったね。




これからはこれでサビキを作ろうと思います。




Sn3g0451




耐久性や強度は、まだ確認していないが




有名なささめ針さんの製品なので、その点は大丈夫でしょう。




いままで回転しないよう苦労して作っていたのがなんだったんだ




というくらい抜群の効果でした。








難点は作る時に8の字結びでを作るので、幹糸が長いと大変。




長い仕掛けはヨリモドシ等をいれて、何分割かに分けないといけないですね。




作り置きしている仕掛けも、すべてこれにしよう。




大変な作業ですが、頑張ります。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

役に立ちそうでしたらクリックお願いします



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 3

サビキとアシストフック製作  

愛媛県、今治周辺は、雨、雨、



まったく海には出れず・・・



風も北東の風なんで今治は最悪です。



西の風なら何とかなるんだがな〜





仕方ないんで、最近、大活躍の自作サビキや



これからいるであろう、ジギング用のアシストフックを作ろう



サビキも何個かは作っているんだけど、何か不慮の事故があって



仕掛けが無くなる可能性もあるんで、スペアも幾つかあると安心でしょ。





一応、サビキの下の錘は捨て糸にしてあります。



何時間もかかって作ったサビキを根掛かりでなくなるのは辛いですから。



来島海峡では掛け上がりを狙っている時に、2,3秒たっただけで



4.5メートル浅くなるポイントも、たくさんあるんで



下のサビキが根掛かりすることもあるんですよね。



そうなるとサビキの上のほうから無くなる事も稀に・・・



その為、 市販サビキ を使用する場合も



下のスイベルに捨て糸を1メートル以上とって錘を付けるといいですよ。



2mぐらいとっていても潮流が速いので着底した時には



すでにサビキが引っ掛かっている事も多々あります。



底の潮が速くて、信じられないくらい斜めになっているんでしょうね。



海峡で釣りをしている人なら、わかってくれるでしょう。





市販サビキなんかはオークションで買うと





店で買うのがバカバカしくなるような値段でありますね。







Sn3g0402



作り方はこちらへ



Sn3g0435



サバ用とメバル用を作ってみました。



メバル用はハリスとミキ糸、フックのサイズをダウンしただけですが・・・



サバ用でも釣れる事は釣れるんですが、長すぎて手返しが悪い。



どうせメバルは底付近の釣りですからね。





晴れたら待ってろよ〜





そしてアシストフックも製作。



Sn3g0434



今日は8個製作しました。



あまり1度に大量に作ると握力がなくなってくるのと



丁寧に作ろうというモチベーションが続かなくなるので、このくらいにしておきます。







さ〜明日の天気はどんなかな?



多少の雨風なら出ようかな。風も西風に変わるみたいだからね。



久々の釣行はサバを探すのが大変だろうな。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 少々の雨なら釣りに行く釣りバカな人はクリックをお願いします



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop