FC2ブログ
来島丸日記 ホーム » 過去来島丸&プライベート釣果 »タイラバでの釣果の差

タイラバでの釣果の差  

タイラバの釣り方は超簡単



単純に巻くだけ・・・ひたすら巻くだけ・・・



でも確実に上手な人にはアタリがあり(掛かる掛からないは運次第)



ダメな人は釣れないんですよね。



巻くだけなのになんでだろう?、なぜおいらにはアタリが無いんじゃ



て人も多いのでは?



そんな人はぜひ参考にしてください。



人気ブログランキングへそれ知りたいって人は久々にクリックお願いします。





あくまでおいらの考えですけども・・・



たくさん釣るためにタイラバには何が大事でしょう。



・巻くスピード



・カラー



・タイラバの種類や重さ



もちろんです。かなり重要です。



ただ、これらは真似ができます。



釣れている人のカラーやタイラバを真似て同じスピードでリーリング。



でも釣れない人は真似ても釣れません。



おいらが考えるもう一つの重要事項



それは





着底時間の短さ





です。



なんじゃそりゃ?と思うかもしれませんが、理由はこうです。



タイラバは巻き始めてからが勝負ではありません。



フォール中からすでに勝負は始まってます。



マダイはフォール中に寄ってきて「なんだろう?餌か?」と近寄ります。



遊泳力が優れているわけでもなく、動くものの捕食が下手なので



フォール中にはよほど食いが良くない限り食ってきません。



そして着底後、マダイはタイラバを見てます。



ここで上手な人は即タイラバが上って行きます。



マダイは止まったタイラバを見れず、すぐに逃げようとするタイラバを襲ってきます。



自分が近寄ったら逃げるのですから、フィッシュイーターの本能をくすぐるでしょう。



逆に着底時間の長い人は完全に止まったタイラバを見られてしまいます。



ただの鉛にゴムですから(笑)、それからいくら動かしても一度食べ物じゃないと



判断したマダイに食わすことは無理だと思います。



良く釣る人はは気付いてない人もいると思いますが、底切りが上手いですね。



だから良く釣る人は巻いてすぐから巻き終わるまで良く釣れます。



逆に底切りの遅い人が釣れるのはかなり上のほうで食うことがほとんどです。



と言ってもアタリの数は少なく、活性の高い時や群れが多い時などにアタルだけです。



リーリング中に寄ってきたマダイだけが釣れます。



だから船中で釣れているのに自分だけが釣れていない、とか



流れの無い海域では釣れるのに、流れの速い海域では釣れない



(ラインスラッグが出すぎてリーリングしても、暫くタイラバが動かない。



詳しくは海峡で根掛かりを少なくする為にを参考にしてください。)



などという人は、そういうところに気を付けてタイラバしてみてください。



アタリの数は倍増すると思いますよ。



ちなみにアコウはこの点はあまり関係ないような気がします。



ま、あくまでおいらの考えですから、そんな事はないって人は無視してください。



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへなるほどって人はクリックお願いします。



試してみたいって方は来島丸へどうぞ







スポンサーサイト



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

コメント

ひでぽんさん、水中のことですからわからないです...

イメージをしながら釣ると楽しいですし
ジギングなんかは、自分が食わしたいタイミングで食わすと
本当にうれしいですよね。

来島丸 #79D/WHSg | URL
2011/05/25 18:07 | edit

僕も賛成です。

ジグも、同じような事が言えますよね。
フォール中のアピールにもなりますよね。

ひでぽん #79D/WHSg | URL
2011/05/25 15:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kurushimamaru.blog.fc2.com/tb.php/339-bb40fd21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop