来島丸日記 ホーム »2015年03月
2015年03月の記事一覧

鯛ラバ(鯛カブラ)のリールのハンドルについて #2  

先日書いた「鯛ラバ用リールについて」の記事での補足を書いておきましょう。

ハイギヤで回転が重くなっても感度が良くなる話をしましたね。

また記事が盗作されないか様子見してますが、重ければ良いというように勘違いされても困るので書き足しておきます。

もちろんリールの回転は軽い方が感度は良いです
それは同じギヤ比で、同じ糸巻量、ハンドルの径であっての話です。

回転を軽くするためにギヤをロータイプに変えたり、ハンドルの径を大きくするのはダメですね。

同じ巻き取り量なら力を必要としない方が、間違いなく感度は良いです
少しの巻き抵抗の違いも気付く事が出来るでしょう。

例えは50kgの物体を持ち上げてる時に、その上にコソッと1kgの物を置いても気付かないでしょう。

それが5kgの物体を持ち上げてたら1kgの重さの変化は顕著に出るので、すぐに気付くと思います。

リールの巻き抵抗も同じ事が言えますね。


だから同じ鯛ラバ、同じリールを使って鯛ラバをしてても
ロッドが柔らかくてティップが曲がり過ぎると抵抗が増えます。
それが重さになってるなら間違いなく感度は落ちます。


鯛ラバにあったロッドが必要なのは言うまでもないでしょう。

ロッドを下げれば抵抗は消せますが、それでは掛かる魚も限られてきます。
詳しくは私のHP、来島海峡の鯛ラバ&ジギングを読んでる人には解ると思います。


巻くのが重くなるというのは腕を大きく回してリールを巻いてしまうこともにもなります。
腕全体や肘から大きな力で巻こうとしてしまいます。


安定したリーリングが出来て良いじゃないかって思うでしょうね。
もちろん安定感で言えば間違いないですが、私の持論にスピード変化は全然OKというのがあります。
以前にも書いているので知ってる人も多いでしょう。

なぜ腕から大きく巻くのがダメかというと、これも微妙な巻き重さの違いが分かりにくいからです。
それだけ大きな重量である腕の部分を使うので、小さな変化に気づかないのです

だから手首だけの動きでリーリングするのが、繊細な鯛ラバをするなら必要になってきます。

ちなみに私はグリップを軽く握って手首だけで回してます
バスフィッシングのクランクベイトを巻く時と同じです。

障害物にコツンと当たれば衝撃で自動的に手がグリップから離れて
リーリングが止まります。
それが根掛かり回避になってるんですね。

鯛ラバでは根掛かり回避の意味はありませんが、突然ひったくるようなアタリでも
手が離れる為、必要以上に巻かなくてすむので助かります。

手が離れてアタリがあっても乗らなかったって思うかもしれませんが
実際は離れなくても鯛は乗ってません。

理由はそんなとこじゃないですから。

手首だけ動かすなら少ない重量で済みますから感度は抜群ですよ


ただ巻くのが重すぎて力が入りすぎると、逆に感度が悪くなるので
自分に合ったハンドル径、ギヤ比を見つけるのが大切でしょう。

筋肉に力が入りすぎると小さな変化は感じる事はできません。
グリップを思いっきり握って回すとよくわかります。



ハンドルのチューンにも同じ事が言えますね。

ハンドルの径が長すぎるのは感度が悪くなるのは前回に書いたので解るでしょう。

よく買う時に参考にしているハンドルの自重。
やはり軽ければ軽いほど感度は良くなります。

金属製のグリップの為に感度が良いというのではありません
(鯛ラバの巻き感度の話です)
硬いグリップで衝撃が伝わりやすく、小さなコツッていうアタリも分かりやすいってのは理解できますが
正直、そんなアタリはどんなグリップでも伝わるし、ロッドにも伝わります。
それが伝わらないロッドなら今使ってる鯛ラバに対して柔らかすぎのロッドなのでバランスが悪いでしょう。

大事なのは引き重りを感じる事なので、グリップの素材は何でも良いと思います。
もちろん、滑りにくい、軽さも需要ですからね。

フレームも結構大事ですね。

力のモーメントの話になってしまいますが、ハンドルの真ん中になるほど重さは顕著になります。
同じ重量の物なら内側ほど力が必要なのは解ると思います。

だからフレームの中心付近の重量が軽ければ軽いほど、巻き感度は良くなります。

実際フレームの重量の差なんて、それ程ないですからね。
そこまで考えなくてもいいのかもしれません。
それでもジギング用の分厚いフレームのハンドルとか、シングルハンドルのグリップが大きいのが
巻き感度の必要な鯛ラバには不向きなのは解っていただけると思います。

ただ細かい話で物理的になってしまうのですが、ダブルハンドルの場合は
ハンドルを重力に対して上げる動作の時は、反対側のハンドルは重力で下がる力が掛かります。
逆はハンドルの重さで下がる力が少なくて済むはずですが
反対側のハンドルの重さが伝わるので実際は重たくなります。

でも結局は力の作用、反作用がバランスよくとれているため、安定した巻き重さができるのです。
これがダブルハンドルの最大のメリットです

だから実際はそれ程、自重は関係ないのかもしれませんね。

そう考えるとシングルハンドルは確実に不向きなのが理解できるでしょう。

だから鯛ラバのリールというのはダブルハンドルが絶対条件だと思ってます

「楽だから」なんてハンドルを選んでるようでは究極の鯛ラバリールには巡り会わないでしょう。
巻き抵抗でアタリをとらなくて良いような海域では必要ないかもしれませんが
少なくとも来島では上級者になればなるほど必要になってくると思います。


究極は自分の手の軽量化が一番ですけどね。(笑)
ハンドルの重量の差なんて微々たるものになるでしょう。

前回のはこちらです。
鯛ラバ(鯛カブラ)のリールのハンドルについて #1


ちょっとマニアック過ぎる話ですかね。(笑)
まぁ初心者の方に理解して、というわけではありません。
でも知っておいて損はないですし、これを知っておくことで気付く事もあるでしょう。

知ってる人と知ってない人とでは、同じ出来事があっても意識の違いで見つけられる事も違います。

あれこれ考えながら鯛ラバを巻くのと、ダラダラ機械のように巻いて落としての繰り返しでは
上達の速度は全然違います。

まずは頭の隅にでも知識を入れておかないと
せっかく魚がくれたヒントや周りの釣り人がくれたヒントを見逃してしまいます。

ただ頭でっかちは固定観念が強くなり過ぎて、釣れなかったらすぐに諦めたり
自分の思い込みで他の人が釣れてる状況でも
「前はこの鯛ラバで釣れた」なんて釣れない鯛ラバを使い続ける傾向になりやすいでしょうね。

どの業界でも革命的な技術の発見などは経験の浅い人が発見することも珍しくありません。
専門家にはない発想が良いのです。

私が今のフッキングを思いついたきっかけも、初心者の人が鯛が掛かった時に
うろたえてリールもロッドもメチャクチャな動きしてました。

そのやり取りをみて「ん?あれで外れないのか?なんで?」と疑問に思って徹底的に試しました。
「巻くだけじゃないとバレる」と言われてた頃に全然違う方法を見つける事ができたのです。


なので初心者の方は「そんな事も書いてたな」て感じで軽く受け止めるぐらいで良いのかもしれません。
アタリの感じ方なんかは人それぞれ違うでしょうから
あの時のアタリは「鯛がこんな状態だったのでは?」と、後からでもいいから思い返す事が大切です。




スポンサーサイト

category: 釣りの秘訣

tb: --   cm: 0

私が鯛ラバ〈鯛カブラ)で大鯛が釣れても喜ばない理由。  

先日書いた鯛ラバ用のリールの記事にもありましたが

大鯛と深場の鯛は無警戒っていうのを詳しく書いてみました。






私が鯛ラバ〈鯛カブラ)で大鯛が釣れても喜ばない理由。





category: 釣りの秘訣

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

3/31

今日は3名様での出船。

一組は親子で参戦。


RIMG0297.jpg

息子さんも大型ゲット。

春休みを満喫ですね。

RIMG0293.jpg

鯛12匹、メジロ2でした。

鯛お一人2~6匹。

全部サイズが良かったですね。

ありがとうございました。

category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

3/30

今日は2名様での出船。


RIMG0292.jpg

70頭に合計10匹ゲット。

釣りすぎですね。

RIMG0287.jpg

鯛18匹。

お一人4~10匹。

私も含みますが3名での釣果です。

RIMG0288.jpg

ついでにメジロもゲット。

クーラー入りませんでした。

ありがとうございました。

category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: --   cm: 0

鯛ラバ記事の盗作  

来島海峡も来月から本格的にノッコミシーズンですね。

これからは釣りやすく、これから鯛ラバを始める人にも優しくなるでしょう。


暇なときに勉強の為、鯛ラバ関係の色々なHPやブログを閲覧しています。

最近、気になってるのが完全に私の記事をパクッてるのを目にします。


考えすぎの被害妄想じゃないの?って言われそうですが

明らかにその釣果とキャリアと釣行時の少人数では絶対わからないことも

あたかも自分が見つけたり感じたりしてるように書き込んでますね。

コピペじゃなく自分で言葉を変えて書いても一目瞭然です。

一般的に知れ渡ってる事ではなく、私しか出してない情報も平気で使ってます。



お客さんが貴重な時間と一生懸命働いて稼いだお金を使って

私を信用して託していただき釣ってもらってきました。

仮説を私が立てて、それを何度も経験して自信に変わり、更に確信に変わってから記事にします。

(これは松○投手のセリフをパクリました。(笑))


一人二人のプレジャーでは絶対わからない事も堂々と書いていますね。

皆さんで色々同時に試してやっと解るはずなのですが・・・

遊漁船での鯛ラバの経験が多い人なら、その記事見たらパクッてるのは解ると思いますよ。



まあ今頃は大学の論文や博士号の所得の論文でもコピペする時代ですからね。

仕方のない事なのでしょうかね。


もし私の記事をパクるのなら、その記事のどこかに一言付け加えていただけると幸いです。

リンクしてもらっても良いですし、そこまでいかなくても

「来島海峡の鯛ラバ&ジギング」というサイトを参考にしています。とか一言あるとお互い良いと思います。

鯛ラバの極意を広める事は賛成ですので、それさえあれば全然使っても大丈夫です。




もちろんお客さんとして来てもらった事がある人は

私のHPや船で話した事なんかを堂々と自分のブログ等で書いてもらうのは賛成です。

その方がその記事を見た皆さんのレベルアップにも繋がると思いますしね。



明らかに他の海域で経験したこともないのに

「自分はこんな事まで経験して知ってます」って記事がちょっと違和感あります。

少々なら全然良いんですけどね。あまりに酷いのもあります。

日付なんかも今頃のブログはどうにでもなりますし

私が書いた記事を、後からどんどん付け加えていってますね。





釣り方や鯛ラバは自分で見つけてもらって釣った方が楽しいと思いますので

なんでも言うわけではないですけど、困った時は何が悪いかを聞いてもらったら解る範囲でお教えします。

ただ皆さんが釣れてない時は分からない事が多いですから。

皆が釣れて自分だけが釣れない時などは必ず原因がありますからね。

鯛ラバが悪いのか釣り方が悪いのか、判断を間違えると大変なことになりますよ。

私が釣れないのでは?て思うような鯛ラバでも釣れたりしますから、私の考えが正しいと限りません。

ハッキリ言って多々あります。(笑)





まあ釣り具もそうですし、仕事、製品、色々な法則や理論、芸術等、なんでも後出しは楽チンです。

新しい物を見て「こんなん俺にも作れるわ」って言う人多いですけどね。

誰も考えないことを最初に作ることに大きな意味があると思います。



鯛ラバに関しては、まだまだ私の考えはいっぱいありますよ。

また小出し(笑)しながら色々と書いていくとは思いますので

今後の事もあり一言書かせていただきました。




でも絶対に言えない事もあります。

船長の技であったり鯛ラバの秘密であったりします。



バカみたいな鯛ラバをいっぱい試して何が良いのか悪いのかを一つずつ確認していきました。

しかも他の人が釣れてる時に、それを試してみないとわかりません。

相当な時間を要するのは想像できると思います。



いずれ製品として世に出してみたいですけどね。

でも新しい事が次から次へと発見していまうので考えがまとまりませんが。

他の海域でどうなのかも全然分かりませんけど。




まあ私の考えでは鯛の食べる物は、どの海域でもそれ程変わるものではないでしょう。

釣れる鯛ラバには、ある法則みたいなものがあるようです。

それを当てはめれば、たぶんどの海域でも通用しそうな気がします。



なんだそれ?気になるなって声が聞こえそうなので、ちょっと関係事項を一つ紹介しましょう。


例えば今、瀬戸内ではイカナゴの新子が出る時期ですね。

鯛もガンガン食ってます。

だからといってそれだけ食ってるわけではありません。

ベイトが小さいから鯛ラバも小さくしないとってのはナンセンス。

子ばっかりの中でも親がいれば親も食います。


来島にキビナゴは居ないですが、食うか食わないかと聞かれたら恐らくですが食うと思います。

入らないですから確かめようがないですけどね。

タチウオは普通にキビナゴで釣れます。


本当に大事なとこは、そんなとこではないんですよね。


まあこれ以上は止めておきます。

ご自身で確かめるために色々な鯛ラバを試してみると良いでしょう。

数人で同時に釣って、どの鯛ラバが釣れて、どれがダメってのが非常に重要。

釣りに夢中になるのも良いですが、皆さんの鯛ラバを観察するのも大事ですよ。




もしこのまま記事がパクられてばかりだと詳しい事は書かないようにすると思います。

鯛ラバのレベルアップの為には良くないとは思いますが・・・

そうしなくても良いように、ちょっと一言釘を刺ささしていただきました。

鯛ラバの知識が豊富な方は解ると思いますが、私の考えは独自の事が多いです。

私しか言ってない事が幾つもあるのですが、それすら解ってないような感じの気がしますけどね。


偉そうなことを言うようで申し訳ありませんが、今後ともよろしくお願いします。


これから本格的にシーズンイン、楽しい時期がやってきますね。


category: 釣りの秘訣

tb: --   cm: 0

鯛ラバ(鯛カブラ)用リールについて。  

先日、鯛ラバ用のリールにオシアコンクエスト 201HGを購入しました。

32129_lineup1_s.jpg

一応言っておきますが、私はどのメーカーにも「ひいき」してはいませんので。

あくまでも中立の立場をとってます。今は・・・(笑)

良い物はどのメーカーのでも使いますし、ダメなものはダメと言います。



ただこのリールも私には合わない点があったので買うのをずっとためらってました。

一般的にではないですよ。私にだけかもしれません。

理由もこれからの鯛ラバリールのチューニングの仕方にも影響があるかもしれないですから書いておきます。



私がリールを選ぶ時に、まずはハイギヤが私には絶対条件。

ハイギヤは巻くのが重いし嫌って言う人もいるでしょうね。
そりゃそうです。ハイギヤの宿命です。

ただその重いというデメリットも使い方によってはメリットになります



お客さんは見たことある人もいると思いますが、私はアタリがあっても巻き続けるというスタイルではありません。

アタリがでたらリーリングの抵抗とロッドから伝わる情報で
鯛が今、鯛ラバに対してどういう状況であるのかを感じ取ります。

噛んで止まっているのか、それとも噛んだままこっちに惰性で進んでいるのか
それとも今は離して後ろからついて来ているのかってのを感じます。

その時に非常に重要なのがリールの巻き抵抗ロッドの感度です。

鯛が鯛ラバを咥えたらリーリングのスピード変化で、鯛に応じてテンションをコントロールします。



特に一発目のアタリの時に同じスピードで鯛ラバを巻いていても、パワーギヤだと手の回転が速いですよね。

そうすると突然のアタリに手が止まりません。瞬時にスピードの調節が難しいのです

勢いで必要以上に巻いてしまいます。
それが違和感にもなってしまうんですよね。


シングルハンドルでも同じようになります。
シングルはグリップも重く、巻くのにトルクも大きくなってしまいますしね。
だから細かい抵抗の違いが分かりにくいです。

ハンドル長の長すぎるのも同じ事が言えますね。


もちろん警戒心の無い大鯛や深場の鯛などは、ここまでシビアにはしなくても大丈夫だったりします。
深場はラインスラッグもありますからね。
そこまでシビアな調整は出来ないし、ラインがたるんでしまって余計にバレると思います。

シャローの鯛は別物ですよ。違和感は大敵です。

正直、大鯛と深場の鯛は無警戒です。 
その辺は別の記事で書いておきます。



私のアタリがあってからの巻きは超繊細です。

ただ巻くだけなら電動リールの無神経な巻きで十分です。

でも鯛も食い方は千差万別、それに応じで人間が対応していくのが究極の鯛ラバ


だから私はパワーハンドルのリールを買うのを躊躇ってたんですよね。

で、仕方なくハンドルを使わなくなったバス用のリールのハンドルと交換。

あえてバス用の42mmの長さを使用。


メーカーは万人向けに作りますからね。

でも釣りは色々な人のスタイルがあります。

それに合わせてリールもチューンすれば釣果もアップするし、なにより楽しいですよね。



もちろんシングルハンドルやパワーギヤを否定するわけではないですよ。

100mの水深で100g以上の鯛ラバを使う時なんかは私のスタイルは重くてダメでしょうし

その海域にあったリールにカスタムすると楽でしょう。




ちなみに上記にあったロッドの感度ですが、これも私は独特でしょうね。

私の使用ロッドは鯛ラバ用ではありませんが、感度はどの鯛ラバロッドにも負けないでしょう。
これも鯛の状態を知る為には絶対必要です。

でも見たら驚く人ばかりですね。
あまりにも常識外れで笑う人もいますね。(笑)



まぁ釣り道具なんか人それぞれです。

人がそれ用に作ったという事は、すでに人が試しているという事ですからね。

未知のゾーンを探そうと思えば自分で見つけたり作らないとダメなんですよね。

でもお勧めはしません。たぶん余計にバレが多くなるでしょう。



DSC_0199.jpg

こんな感じになります。

今までもハイギヤで42mmの組み合わせで100g程度は使ってます。

もちろん重いですが全然大丈夫ですね。

category: 釣りの秘訣

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

3/24

今日は3名様での出船。

アタリも多く楽しい釣行でしたね。

RIMG0285.jpg

一人で連発してました。一人の釣果です。

鯛ラバの面白さを再確認しましたね。

奥が深すぎて訳わかりません。

RIMG0283.jpg

鯛23、アコウ、アイナメでした。

鯛お一人、2~13匹! ブッチギリですね。

ありがとうございました。

category: 来島丸釣果

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

3/22

今日は途中から強風高波で大変でした。

昨日と違って厳しかったですが、ポツポツ釣れました。

RIMG0281.jpg

鯛8、アコウ2でした。

鯛、お一人0~2匹でした。

強風の中、お疲れ様です。

ありがとうございました。

category: 来島丸釣果

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

今日は風もなく、良い一日でした。

RIMG0274.jpg

良型の60ジャスト。

6匹釣ってダントツの竿頭でした。

RIMG0276.jpg

でました、77㎝の大型。

数も4匹釣ってるので十分でしょう。

RIMG0269.jpg

鯛15、チヌでした。

鯛お一人0~6匹。

ありがとうございました。

category: 来島丸釣果

tb: --   cm: 0

来島丸釣果  

最近は渋い日が続いてます。

写真を撮る程の日が少ないですね。

この日も良くないですが50アコウもいたのでアップしておきます。

3/16

今日は2名様での出船。

RIMG0267.jpg

50センチのアコウでした。

RIMG0264.jpg

鯛4、アコウです。

お一人鯛、2匹でした。

なかなか厳しい日が続きますね。

ありがとうございました。

category: 来島丸釣果

tb: --   cm: 0

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop