来島丸日記 ホーム »2012年11月
2012年11月の記事一覧

来島丸釣果  

11/24



強風での1日でした。



Dsc01018


Dsc01016


Dsc01014

あっもう1匹タイを撮るのを忘れてました。すみません。



今日はハマチはアタルけど乗らん、エサでは釣れてる。



ヤズは大群が居たし、ナブラも出るけど釣れない1日でした。



原因の予想はついてるが、お手上げでした。



釣り方とかではありません。



ありがとうございました。



スポンサーサイト

category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

来島丸釣果  

11/23



アコウ狙いでのチャーター



リッチに4名さまでのチャーターでした。



Dsc01009

40オーバーのアコウ。



Dsc01011

ついでに釣れた良型のマダイ。



Dsc01007


4名でこれなら釣りすぎでしょう。



いつもたくさん釣っていただいてます。



ありがとうございました。





category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

プライベート  

明日、26日は雨、風で中止にしました。



出れなくはないですが、冬の雨は気の毒です。





11/21



夕方2時間釣行。



Ca3k0614


今日はサゴシの60と50cmとヤズが1匹でした。



群れが少なかったですね。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

サワラの釣り方、やり取りの仕方  

11/20



朝から一人で好調のサワラ狙い。



途中で鳥さん発見。



ジグをセットしていたが急遽、一応持ってきたジグミノーに変更。



即ヒットしたが身切れでフックアウト。



すぐにまたヒットして、あまり引かないのでヤズかと思い



船に抜き上げたら3キロクラス・・・



水温が下がってきたら朝一の魚は引かないんですよね。



もう一回掛かったけど、これもハズレ。



サワラはダメでしたね。



2時間ぐらいで終了。



Ca3k0608



ベイトはアジでした。



結構な数のハマチが回遊していたようです。



見えたベイトはアオリイカとイワシでしたね。



一度家に帰り、用事を済ませ、良い潮の2時間にもう1度サワラ狙い。



Ca3k0611


サワラ90、80、70、60、ヤズゲットです。おいら一人の釣果です。



サワラが食って掛からなかったのは4回ありましたね。



ヤズかサワラかが、わからんアタリやヤズのバレは10回ぐらい。



サワラが掛かりにくいのはいつもだが、ヤズもよくバレました。



Ca3k0612


とてもじゃないがクーラー入らん・・・



ヤズが外れる原因があるんだけど、サワラ対策してるから仕方ない。



今日の本命はあくまでサワラですから。




サワラは基本的に水中で捕食します。



ヤズやハマチの様にバシャっと水面上で食うより水面直下で食うことが多いです。



ヤズが一緒にいればナブラが出るので居場所がわかりやすいですが



サワラだけだと難しくなります。



潮の流れと地形を参考にしたり、鳥が居る場合は鳥の動きを見てキャストします。



下を見ながらすばやく飛んでいる時は、たいてい魚が下にいます。



そして羽をたたんで下に降りる瞬間は、魚が小魚を追って海面に迫ってます。



その時に鳥の前に放り込みます。



キャスト技術と動物的カンが重要ですね。



もちろんサワラはジャンプするのも重要な情報です。



こういうのはあまり言いたくないのですが、お客様に釣っていただく為に書きます。



まぁわかっていても出来る出来ないは釣り人次第。



掛かったらフッキングは強めにします。



口や顔付近の身は硬く、フックは刺さりにくい為です。



そして掛かったらサイズにもよりますが、ドラグは緩めます。



サワラは走り出したらメチャクチャ速いです。



途中で止めようものなら身切れ、ラインブレイクの可能性が大きいです。



全然引かない時もあり、その時は泳がずにこちらに素直に来てるので



ラインがたるまないように巻き続けてください。



そして何度か激しい走りがあるはずですが、その時はロッドを下ろして走らせます。



サワラは全くスタミナがありません。



青物に見えますが、白身の魚でスタミナのなさはピカイチです。



少しの間やり取りするとすぐにヘロヘロになります。



途中で止まって首を大きく振ってルアーを出そうとしますが



その時はロッドの弾力で耐えましょう。きちんとフックが刺さっていれば大丈夫です。



サワラはイケスでは生きません。



イケスに入れても即死です。



それくらい体力がないので、焦らずゆっくりやり取りしましょう。



サワラの刺身は絶品です。



新鮮なのは釣り人しか味わえません。



旬の春より今のほうが美味いですから狙ってみましょう。



category: 釣りの秘訣

tb: 0   cm: 0

来島丸釣果  

11/19



今日はジギングのみだったので



ヤズを探し回ったけど暴風高波で撃沈・・・・



最近ハマチが釣れてたポイントも大荒れ。



何とかハマチは1匹ゲットして



Dsc01001


貴重な1尾です。



そして好調なサワラ狙い。



Dsc00997


サワラ76センチ。



Dsc01003


もう1匹。



Dsc00999


タイもジグにてゲット。



サワラのナブラは最近では一番出てたが、強風で大変。



7回ヒットで2匹ゲットでした。



サワラメチャ居ますね。



12月はおいらが10キロのサワラを釣った時期。



プライベートでも狙ってみます。



Dsc00995


ありがとうございました。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

来島丸釣果  

11/18



Dsc00992


Dsc00991


Dsc00988


Dsc00987

今日はサワラデーでしたね。



4ヒット3ゲットですから、サワラにしては上出来でしょう。



ハマチは1匹スナップ破壊して逃げました。



ハマチは今日はエサの方が良かったみたいです。



ありがとうございました。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

ラインブレイクされない為に  

最近ハマチが良く回遊してます。



ただサイズがわかりませんが、ラインブレイクが多発してます。





掛かって上げれずに瀬に擦れてラインブレイクや



掛かって暫く走ってからのラインブレイク。





どちらにしても掛かったらフッキングと同時に一気に魚を上げなければなりません。



流れが速いポイントが多くモタモタしてたら、すぐに瀬に触れます。



走られて切られたから、もっと太いラインじゃないといけないって思うかもしれませんが



それでは底取りも出来ずに根掛かりします。





何がいけないのかというと「走られている」からです。



掛かってリールも巻かずにロッドで耐えていて



釣り人は魚の引きを止めていると勘違いしますが



実際ハマチやブリの場合は止まっていません。





流れが速く根の荒い場所はバーチカルに攻めます。



魚とラインの角度は90度に近いでしょう。



ハマチの習性上、走るのは真横です。



引きがダイレクトに伝わらないのは当たり前です。



ロッドを支点にして扇状に自由に走り回ってます。



そして勢いがついてしまい、おまけにロッドが満月みたいにしなって



ドラグがスムーズに出なくなってブチッて切られます。





カンパチ、ヒラマサ、タイ等は掛けた瞬間に真下に逃げますから



引きがダイレクトに伝わります。



ハマチは掛けた時は、あまり大きく感じず所々で良く引くのはこの為です。






切られると、どんどんリーダーを太くして今度は根掛かりするとPEから全部切れます。



ラインシステムを組む間にハマチの群れが入ったりすると辛いですよ。



私はPE2号ですがリーダーも結構細いです。



PEに傷みがなければ根掛かってもジグとの結束から飛ぶようにしてます。



それで大きいのを釣る為には主導権をとられず



無駄に走らされないようにやり取りをしているからです。





ドラグは結構きつめでフッキングと同時に一気に上げます。



有無を言わさず上げます。リールは常にフルパワーで巻きます。



よく見るのがロッドをポンピングしてるけどロッドを下げる時に



リールを巻く力を抜きすぎて、相手に走られたりしてます。



本当はロッドを下げる時にもリールで魚を上げてくるぐらいでリールを巻きます。



ただPE2号でもゴリ巻きすると弱りリールはボディの割れが多発します。



メーカー様、何度も同じ箇所が割れるのは、次期モデルには対策をお願いします。





魚に右に行っても左に行っても泳げないって思わせるぐらいに勢いを止めます。



そうすると細仕掛けでも、結構大丈夫ですよ。







ちなみに私はロッドは腰にあてず脇に抱えています。



これは相手の動きがわかり易いからですね。



腰にあてていると細かい魚の動きがわかりずらいのと



どうしても角度的にロッドが起きてしまいます。



一番上にロッドがきた時なんかはティップが曲がりすぎて



不意の突っ込みに対応できずに切られます。



ただ脇に抱えてのやり取りは体力が必要ですので誰でもってわけではないですけどね。





瀬をかわして浮かした後は身切れの心配もありますから



ちょっとドラグを緩め、体力を奪ってから上げると楽ですね、大きさにもよりますけど。






もし走り出して止めれない場合は無理にロッドを立てず



ある程度寝かしてください。完全に魚と真っ直ぐにしてもかまいません。



大物になればなるほど頭を振る事が出来ないので、ロッドの弾力がなくても



走っている間はほとんどバレません。





ただスピードを落として口を開け異物を吐き出そうとする時にはロッドを曲げて



テンションが抜けないように注意しましょう。



異物を吐こうとする時はどんな魚もスピードを緩めますので



ロッドを持っている手でそれを感じてください。




メジロやブリは、ヤズやシーバスの様なエラ洗いの動きはできませんから



フックが刺さっていれば、まずバレないです。



タイも同じです。大きいほうがバレません。



でもサワラだけは大きくても首振りは大きく外れ易いですね。





強引に上げるのは身切れやラインブレイクの心配もありますから



無理しなくて良いようなポイントは、ゆっくり上げるほうが確率は上がると思います。







先週、知り合いの人がブリの12キロを釣ってますが



こんなのは一気には上げれないでしょうね。



良く上げれたと思います。



掛けた場所が瀬の始まる所だったり、走った方向が嫌な方向なら厳しいでしょう。



運も必要だと思いますね。



大抵の大物は上がってこなくて根擦れで終わりがほとんどです。



1353232051_1

これが12kのブリです。凄いですね。



泳げんのか?って言うくらい形がおかしいです。



もはや弾丸ではなく菱型に近いですね。



なぜか来島のブリは長さが短く、異様に太いです。



ちなみに私が聞いたことがあるので一番太いのは15キロです。



category: 釣りの秘訣

tb: 0   cm: 0

来島丸釣果  

11/17



Dsc00981

船中4回しかアタリがなかったが、そのうち3回はこの人に集中。



パターンがあってたようです。



周りのエサ師も釣れてない状況で連発してました。



他の人にも同時にヒットしたけど、それは根ズレでラインブレイクでした。




Dsc00983

62センチのタイです。



Dsc00978


上のほうにいる鯛は黒く見えますがタイはタイです。



途中、強風大雨で大変でしたね、お疲れ様でした。



ありがとうございました。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

来島丸釣果  

11/16



今日はジギングメインで出ました。



魚も多くタイ、ハマチ共によかったですね。



Dsc00973

3キロクラス2本。



Dsc00970



Dsc00974

ジギングのみの人がほとんどでしたので、あまり狙ってませんが



タイは良い群れが入ってましたね。



ジグで2匹切られてました。



Dsc00968


これも3キロクラス



ハマチもラインブレイク2匹あり、魚は結構入ってましたね。



サワラも1匹掛かりましたが、やはりラインブレイク・・・



Dsc00964



タイも良い群れが居たので、タイラバがあったら面白かったかも。



ありがとうございました。




11/15



強風、高波で大変でした。



Dsc00963




Dsc00960

サワラ82センチのみでした。



ありがとうございました。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

ちょっと変更  

ちょっと出船プランを変更。



グループで釣りをしない人が予約しにくいとの声を幾つか頂いたので変更しました。



10日以上前からご予約された人がいる場合は2名様から出船します。



料金は据え置き8.000円



ただし・・・おいらも釣ります。



おいらが釣った魚は今までどおり差し上げますので。



単独釣行が多い人もお気軽にご連絡くださいませ。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop