FC2ブログ
来島丸日記 ホーム »2011年02月20日
2011年02月の記事一覧

サバ釣行  

今日は、といっても昨日の話ですが・・・



朝、ちょっと遅めに出船。



久しぶりなんでどこに行こうか迷いながらポイントに到着すると



「なんじゃこの船の数・・・



100艇・・・いや、もっとおるんじゃないのか。



しばらくは仕掛けを下ろさずに見ていると釣れていることは釣れている。



だが今日は土曜日、船の操船が不慣れな人たちもたくさん居るはず。



違う場所で勝負をかけよう。



船団の中での釣りは疲れるから、ほとんどおいらはやらないです。



サバを探してあっちにウロウロ、こっちにウロウロ。



走り回るが釣れてくるのはポツポツ程度。



あかん、今日はダメや



昼過ぎで大きいのは10匹程度、小さいのも10匹程度。



潮が返しても良くないので、もう帰ろうと思ってたら



「リりりり〜〜〜ん」と知り合いの方から電話が・・・



「魚がこっちに居るよ〜食わんけど」



というありがたい連絡。



食わないらしいが一応行ってみる事に。



反応をみるとサバの反応は間違いない。



だがホントに食わない。幾度となく仕掛けを通しているのだけどダメ。



でも目を離すと見失うので根気よく追い回す。



しばらく群れを追い続けると、遂に口を使い始めた



なんでなんだろうか?それから1時間ちょっとで17匹ゲット。



魚さんは気まぐれで困りますわ。



Sn3g0928



サバ27匹、 小サバ9匹でした。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへなんとかサマになったのでクリックお願いします
にほんブログ村



右のイケマの赤いのはホゴ(カサゴ)です。



サビキに飛びついてくるぐらいだから、イカナゴエサでの寒ホゴも面白いでしょうね。



おいらは釣りませんがファンの方はいい時期になったのでは。



来島のホゴ(カサゴ)の身は他の海域とは別物ですよ。



小さいのが多いですが、皆が狙いにくい深場を狙うと良型が釣れます。



南予の方の魚とは種類が違うため、あれほど大きくなる事はありません。



ホゴはほとんど大きな移動しないので



波方から向こうの伊予灘や燧灘のホゴと来島海峡のホゴでは



身のしまり方が違います。



数キロしか離れてないのですけどね。メバル、ハギでも同じです。



スーパーで買ったものはどこの水揚げかわからないので



ご自分で釣って、一度食べてみてください。激ウマです







電話がなければ釣果は半分でしたね、ありがとうございます。



魚を探し回ったためにガソリン使いまくり



まあ釣るためには仕方ないですけどね。





船団に入れば釣れるものではないですよ。



くれぐれも本職さんにご迷惑をおかけしないようにお願いします。



よく素人さんが怒られてますが、漁師さんも怒りたくて怒っているのではないですよ。



きちんとルールや本職さんの流し方をみて、邪魔にならない位置に行き



ポイントを流してください。



きちんと流せば怒られることはないですよ。



船団の中であまりにも軽いオモリで釣るのもダメですよ。



湧いてる潮で飛ばされて絡みます。



他にも漕ぎで釣っている人の前方の周辺に船を入れないこともお願いします。



もちろん後ろもダメですよ、仕掛けがありますから。



地形や水深を考えてルートを選択しているので真っ直ぐだけ進むのではないですから



正面に入らなければいいや、というわけではないです。



前方周辺です。



ご自分の仕事場に全然知らない素人が来て、道具を使ったり



場所を使ったりしているようなものですよ。



漁師さんが怒るのも無理はないです、生活の為ですからね。



せっかく楽しい釣りですから気分良く釣りを満喫しましょう。



って、知らないうちにおいらが邪魔になってたりして・・・



細心の注意はしてますが、邪魔な時があったらごめんなさい



人気ブログランキングへなるほどと思ったらクリックお願いします



スポンサーサイト



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop