来島丸日記 ホーム »2010年10月
2010年10月の記事一覧

ナブラ撃ちでハマチ3匹、タイラバで65cmのマダイ1匹  

今日は久しぶりの出船。



人気ブログランキングへお久しぶりのクリックお願いします



用事や悪天候で2週間以上出てませんでしたね。



全く情報なし。




一応、状況がわからないんでジギング、ナブラ撃ち、タイラバを用意。



経験と勘と魚探を頼りにポイント選択。





まずはタイラバで探り、青物の反応やナブラが出たら即対応しよう。



何度かタイラバであたりはあるが乗らない・・・食いが悪そう。




何度か移動して少しだがナブラ発見。



サージャーで1匹ハマチをゲット。



70?ぐらいでした。




それからナブラも出ないのでタイラバをしていたら最中にナブラが近くにでた。



タイラバを水中に置いたままでサージャーをキャスト。



ま、どうせ釣れないだろうと思ってたらヒット。



ヤバイ、タイラバ・・・



ガッツリとフッキングしてから、やり取りしながらタイラバ回収。



我ながら器用ですわ。



こんども同サイズのハマチ。




それからタイラバで65cm級のマダイをつり、単発ナブラでハマチを1匹追加した。



タイラバは乗らないことが今日は多かったようなきがするな。



昼前に雨が強くなったんで終了。



まぁ、前情報無しの半日でこれなら良しでしょう。



Sn3g0766_2



ハマチ(ワラサ)が3匹。



すべてサージャー



Sn3g0767_2



マダイが1匹。



ヒットルアーはソルティーラバー



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへナイスサイズのクリックお願いします



Sn3g0768_2



ベイトは小さいイワシが主で、ちょっとだけ大きなのが混ざってた。



映っているサージャーで釣りました。



詳しくは釣りバカ日記2



スポンサーサイト

category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

スーパーカブのマフラー交換  

しばらく釣りに行けない日が続き、今日は出船予定で早起き。



が・・・



外へ出るとゴ〜と時折強い風が・・・



う〜ん、残念、今日は諦めよう。



週明けまで出船できないんで、今日はどうしても行きたかったんだが



北東の風は今治では厳しいね。




そこでおいらの主な足になっているスーパーカブのマフラーを替えよう。



以前からマフラーに穴が開いていたんだが、最近になって



どんどん爆音になってきたんでヤフオクで買っちゃいました。




3年ほど前にもヤフオクで買って交換したんだけど



野ざらしがほとんどでサビが酷く、やはり長くはもたないですね。



まぁ、値段的に3年もてば上出来ですがね。



Sn3g0758



さすが新品、超きれいですわ。



ヤフオクで落札しました。安いですよ



こちらにたくさんありますね。カブのマフラー



Sn3g0759



今使用しているマフラー、とても元シルバー色とは思えません。



Sn3g0760



まずはここのナットを外します。



前回のマフラーはこの取り付けステーが黒い丸の部分と干渉した為サンダーで削っちゃいました。



商品によって寸法等が若干異なりますね。



ま、メイドインよその国だから諦めてます。



全く加工ができないなら純正を買うと良いでしょう。



値段が高いですが・・・





Sn3g0761



続いてマフラーの付け根(シリンダー側)を外します。



ボルトは立て込みなんで折れると超大変です。



ナットが回りにくいなら潤滑油をかけておきましょう。





Sn3g0762



マフラーを外してみるとこんな感じです。



サビの中の黒い所はすでに穴が開いています。



Sn3g0763



ちょっと指で力を加えるとグニャっと曲がっちゃいました。(爆)



よくこんなんで今まで乗っていたな・・・うるさいはずですね。





Sn3g0764



ステーのナットは付属していなかったんで前のマフラーから取り外します。



今回のステーはフレームへの干渉がなかったんでポン付けでしたが



多少、取り付けの時に無理に入れた感じはしましたね。



さすがです。




後からシリンダー側を締め込むと排気漏れしますよ。



シリンダー側を先に軽く面をタッチさせておいて、ステーを固定しましょう。





Sn3g0765



取り付け完了。




15分ぐらいの作業時間ですかね。楽勝です。



エンジンをかけると静かになりました。



加速するたびにバリバリ聞こえてたし



燃調が狂ったのかアクセルオフでパシャって感じのアフターファイヤーが出てたのがこれで静かになります。




マフラーの温度が低いんで実際は火は出てないでしょうが・・・



ハチロクの時は火出まくりでしたけどね、オーバーラップ結構多めだったから・・・




そういえばトヨタがスバルの共同開発でFT-86という現代のハチロクが復活するらしい。



エンジンは水平対向・・・4A-Gが良かったな・・・残念。



賛否両論あるだろうけど、トヨタの心意気は嬉しいね。



ハチロクという名を汚さない車をお願いしますよ。





にほんブログ村 釣りブログ ジギングへハチロク知ってるという人はこっちをクリック。





人気ブログランキングへハチロク?なんだそれ、ていう人はこっちをクリックお願いします。





category: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

またもやマダイの群れを発見、また爆釣?  

前回の大鯛の爆釣から用事で出船できず。



山奥にこもってました。



Sn3g0757



こんな所。



これでわかる人はかなりマニアックな人ですね。



一応、愛媛県ですよ。






なんで今日は久しぶりの釣行。



前回釣り残した大きなマダイを狙おう。



予定時間は3時間のみの釣行。



前に良かった潮を狙い撃ちです。




ポイントに着くと早速魚探にビッシリと反応が・・・



すでに気分は爆釣



人気ブログランキングへちょっとクリックお願いします。






が・・・






タイラバを通しても、通しても反応無し・・・????




前と同じソルティーラバー だし、映り方も同じなのに・・・



しつこく通しまくったが1度アタリがあっただけ。




しかも乗らず



結局1匹も釣れなかった・・・




なんでや〜〜




食い気が無いのか?




魚が違うのか?




潮か?




意味わからん



帰ろ・・・



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ惨敗のおいらに励ましのクリックお願いします



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

マダイが連発、最大は80cm強  

今日のメインは真鯛のタイラバ。



おいらはほとんど青物専門だが、最近は青物運がない。



それならと昨日良かったタイラバでのマダイ狙い。



タイラバはソルティーラバー



鯛なんで朝早くからやってみるが、魚探にもほとんど反応が無い。



が、魚探に映らなくても当たるときは当たる、そう信じ巻き続ける。



すると底を切った瞬間にガツン!とバイト。



2度3度、下に突っ込んでくるんでバシッとフッキング。



バッチリ乗りました。



タイラバは乗ると一安心ですわ。乗せるまでが大変ですがね。



上がってきたのは40cm級の良型マダイ。



う〜ん、食べごろじゃん。



でもそれからは2時間ぐらいヒットなし。



早起きは三文の徳といいますが、1匹の得でしたね。



アタリはあったんだが食いきらなかったです、タイラバにはつき物ですが・・・



そしてウロウロしたが、結局、朝1匹釣れたポイントに戻ってやってみると



遂に待望のヒット。



一気に引き込んだのでガツンとフッキング、バッチリ乗りましたね。



タイラバはフッキングをする人としない人がいますが、おいらはする派です。



なかなかの引きじゃん結構大物の感じ。



根ズレの心配がなかったんでゆっくりやり取り。



おいらはマダイを釣る時はドラグは緩めですね。



ハマチ程の引きはないですが、大物になると瞬発力はハンパじゃないですからね。



だいたい切られるのは一気に走ったときにテンションがかかり過ぎて切られるでしょう。



でも所詮白身の魚、人間の速筋(白筋)と同じです。



短時間の力は凄まじいものがありますが、持久力がありません。



何回か全力で泳ぐと、かならず休みます。



その時が巻くチャンスです。



全力で泳いでる時に止めようとすると切れちゃいますね。



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへふ〜んと思ったらクリックお願いします。



ちなみに今日はリーダーが4号です。



ゆっくり上げてくると見えてきたのはでっかいマダイ。



無事ランディング完了。



70?ぐらいの立派なマダイでしたね。



フックを見るとタイラバの純正フックが1本折れていましたね。



もう1本も掛かっていたから獲れましたが危なかった



おいらが作っているアシスト専科のタイラバのフックはチヌの9号だが



純正はもう少し細かったですね。



太くすると刺さり難いし、細いと折れるし、で難しい所です。



今回はあまりテンションを掛けていなかったにもかかわらず折れていたのは



フックが刺さった状態で横に力が加わったからですね。



魚が横に寝た状態から反転して潜った時でしょう。



だいたい折れる時はこれが多いですね。



水面まで上がった魚がランディング寸前、横を向いた状態から反転して潜った時に



折れる事が多いでしょう。経験した人も多いのでは?



魚もへばっているんで、それ程の力はないのですが、最後だからと



アングラーも少し強引にいってしまうでしょう。



その時に反転されるとダメですね。



折れたからと言って、どんどんフックを太くしていくのも考え物ですよ。



フックが太いと刺さり難いのと、重いので斜めに引いた時にラバーとかけ離れてしまいますね。



人気ブログランキングへなるほどと思ったらクリックお願いします。





脱線しましたが、その後の釣果どうなったんでしょう?



大型マダイが爆釣です。



真昼間に浅瀬に何やら群れ発見



水深10mから20m・・・



浅いから違うかな・・・と思ったが一応、以前マダイを釣った事もあるポイントだったんで



やってみよう。



すると何度か流していると、遂にヒット。



上がってきたのは60cm級のマダイ。



こんな浅いところに?



それからもずっと群れは同じ所でウロウロ。



狙いを定めてタイラバ投下



次々当たって来るが乗らない、でも面白い。



次にヒットしたのは水深8メートル



まだ浅くなるかけあがりだが、アホなマダイは沖の方向へダッシュ



ラッキー



助かった



操船しながら慎重にランディング。これも60cmぐらい。



もう1匹60cmぐらいのを追加して、しばらく釣れない時間が過ぎた。



でもアタリは頻繁にあるんですが、やはりスレてる模様。



警戒しまくってますね。



しばらく釣れないのでタイラバをちょっと改造。



ネクタイを変えました。



しばらくして18mぐらいで強烈なアタリ。



フッキングした瞬間に「デカイッ



しかしそこから一気に浅くなるかけ上がり・・・



ヤバイ



そのかけ上がりが終わると磯が待ち構えてるし・・・



何とか操船しながらやり取り。



何度も何度も突っ込みをかわしながらへばるのを待つ。



魚探を見ながら根が近いときは強引に、離れた時は突っ込んでも無理に止めず、慎重に。



無事、ランディングができた時は水深が2m



危なかった・・・底見えてるじゃん・・・



磯に座礁しそうなんで魚をほっといて、急いで移動。



ざっと手で測ったら80cmはちょっと超えてる感じ・・・



Sn3g0756



大きな割に綺麗な魚体。頭へんがごつごつしてるのが多いんだがね。



色も綺麗なピンクなんで普段は深場にいるのかな?



この後もあたりはあるが、乗らないので終了。



Sn3g0754



Sn3g0755



結局40cmが1、60cm前後が3匹、70?が1、80cmが1匹でした。



ソルティーラバー恐るべしですね。他のでも釣れていたのかもしれませんが・・・



そういえば8mで釣ったマダイもエアー抜きをしたな・・・



どの水深で釣っても必要なのか?



昔聞いたのは深い所から一気に上げたら、エアー抜きをしないといけないと聞いたのですがね。




今日だけでタイラバのフックは7.8個は交換しましたね。



少しでも先が鈍くなると交換してます。




釣れた時にチェックして交換したり、根掛かってパシッと簡単に外れた時でも



チェックします。鈎先を軽くなでて指にくっついてこなければ即交換。



ガッツリ食って反転した時は少々先が傷んでてもガツンとフッキングすれば掛かりますが



おいらの狙いはガジガジと噛んでいるときに、歯や口の周りの皮膚に引っ掛かりやすいようにです。



そうすると何度か噛んで、「これはエサじゃない、いらね〜や」とマダイが引き返した時にも



しっかりフックは掛かります。




それと、おいらが作っているフックはひねりが入っているフックを使用しています。



フックが綺麗に口の中に入らず、歯でフックを真横に噛まれた時にも



ひねりなら引っ掛かる確率は上がるからです。




バレた時に後悔しないように最善の策をとっておきます。



それでバレたら、やるだけのことはやったんだから仕方ないと、諦めもつきますからね。



それでも掛からない事は多々ありますが・・・





座礁しかねないんで気を張って釣ってたから疲れました。



タイラバは単調なんで、すぐに飽きるんであまり好きではないんだが



これだけアタリがあったらさすがに面白いね。



20回以上は当たったと思いますよ。









category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

メジロ1匹とマダイが3匹、小アコウ1  

今日はアシスト専科のお客様を乗せての出船。



朝からいきなり大物ポイントでメジロ、ブリクラス狙い。



おいらはエサ釣り、彼はジギングで挑戦。



しばらく釣るが釣れん。魚探の反応も無い。



1時間ぐらいして遂にヒット。



有無を言わさず一気に底を切る。



うりゃ〜〜



超強引なやり取り、フルパワーでかけ上がりが終わるまでは



魚に向こうを向かせません。



強力なロッドがバットから曲がるが、そんな事はお構いなし。



ラインも極太ですから大丈夫。



あっという間に上がってきたのは75cm、4キロちょっとのメジロクラス。



Sn3g0751



人気ブログランキングへクリックお願いします



う〜ん、狙いはブリなんだけど・・・



ま、これからこれから・・・



が・・・



流して



流して



流しまくるがアタリなし。



う〜ん、移動しよう。



群れを探すが魚探に反応が無い。



どこにいったんや、青物さんよ。



船団が出来てるから釣れてるのかな?と思い船がたくさんいる所でしばらく様子見。





中に入ってエサ、ジギングとやってみるが



魚探にも反応なし、1隻だけハマチを上げたのを見たが、明らかに調子悪そう。





ヤバイ・・・青物は今日、お休みか?



仕方ないんでちょっとマダイ狙いでタイラバをしよう。



しばらく沈黙が続くが同乗者にヒット



やった〜〜



自分の事のように大喜び。



上がってきたのは40cmちょっとのマダイ。



よかった〜〜とりあえず一安心。



それからも彼は好調で結局3匹のマダイをゲット。



65cmと50cmぐらいでしたね。



Sn3g0752



ちょっとブレてますが・・・



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへグッドサイズのクリックお願いします。



自作のタイラバは不発でした、やはり市販品は強し。



タイラバ名人ですね。



ま、おいらの操船技術もありますが。



最後にやはり青物狙い。



ハマチを釣りにわざわざ遠くから来てくれているんだからなんとか・・・



だが・・・



青物の反応なし・・・



最後の一流し。



おっ



底に魚の反応



もう引っ掛かってもええわ、底ベタでエサを泳がせる。



ググッとロッドが引き込まれる





やった〜来たぞ



少し待って送り込む。



おりゃ〜



と強烈フッキングで一気に底切り。





あれ



引かない・・・



あがってきたのは30cm弱の小アコウ



なんじゃそりゃ・・・



期待したのにガックリです。せめてもう少し大きければ・・・



Sn3g0753



青物狙いだったのに残念です。



ごめんなさい、時間が出来たらリベンジしましょう。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

85センチ、6キロのブリとハマチゲット。  

朝一の期待していたポイントは不発。



ハマチは幾つか釣れているのは見たが、おいらにはアタリなし。



今日はエサ、ジギングの両刀使い。



でもどっちもダメです。



魚探に群れも一度も映らず・・・



久しぶりに風がないのに釣れない。



風が吹く前はあれだけの群れが居たんだから、どこかで捕食しているはず・・・



どこだろう?



ポイントを変えてエサでやってみよう。



まずはエサで様子見。



魚探に群れが映るようならジギングしよう。



しばらくやってみるがアタリなし・・・



もう帰ろうか・・・



いやでも・・・



そんな葛藤の中、待望のヒット。



ここは大きいのも釣れるポイントなんで期待したが



上がってきたのはハマチ、60cmちょっとぐらいですね。



群れが入ったかな?と思って、しばらく粘るが反応なし。



2時間ぐらい休憩して、もう一度チャレンジ。



すぐに魚探に反応発見。



海底2.3メートルに群れではないが1匹映った。



アタレ〜当たれ〜と願っていると一気にロッドが絞り込まれた。



フッキングすると明らかに大物。



一気に底を切ろうとするが、なかなか離れない。



それでも根ズレで切られるぐらいなら、身切れ覚悟で強引に上げよう。



ちんたら上げていたらイケマで魚が生きないしね。



上がったきたのは明らかにブリ。



Sn3g0750_2



いいサイズですね。激流の中なんで引きは倍増ですね。



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへナイスサイズのクリックお願いします



Sn3g0748



釣り上げた時に吐き出したベイト。



上からタチウオ3匹、コウイカ、30cmぐらいのエソ。



ロングジグに反応するのは、これらを食ってるからですね。



Sn3g0724


これからはこういうタチウオベイトのロングジグが抜群の威力を発揮します。


フックはアシスト専科のソイダブルの24号の7/9cmあたりが抜群です。(笑)





もう少し狙いたかったが、すぐに帰らなくてはいけなかったので終了。



Sn3g0749



下のはハマチなんだが・・・小さく見えますね。



人気ブログランキングへ久々のブリゲットなんでクリックお願いします。



でもエサじゃ〜なぁ・・・喜び半減ですわ。



来島海峡にはまだまだ大きいのが潜んでいます。



また挑戦してみます。



詳しくは釣りバカ日記2



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

おいらがナブラ撃ちにこだわる理由  

おいらがナブラ撃ちにこだわる理由を書いてみました。



本当にナブラ撃ちってそんなに釣れるんか?と疑問に思ってる人は是非、目を通してくださいね。





かけ上がり等の地形にあまり変化がない所で囲むナブラが出ている時や散発で広範囲に出ている時にジギングやサビキで狙うのもいいですが、非常に効率が悪いです。



囲むナブラの時は下では口を使わず追い詰めるだけの時があります。



大きなベイトの群れを追い詰めている時にジグを食うかというのは疑問です。



もう少し上に追い詰めれば何十匹という魚を一度に食べれる事を魚は知ってるでしょう。



散発のナブラの方がジグでは食い易いですが、どこで追ってるかがわかりません。



もちろんかけ上がりや潮目等のポイントがあればそこを狙えばいいのですが、そういうのがない所では効率が悪いです。



そういう所ではナブラ撃ちが線で狙うのならジギングは点で狙うようなものです。


にほんブログ村 釣りブログ ジギングへここまで読んだらクリックお願いします



ジギング船で大勢でジグを動かすのならまだいいです。



ジグがベイトの群れに見えて離れた所でエサを探しているハマチでも、ベイトの群れだとアタックしてきやすいです。



しかもハマチが群れだと1匹掛かって走ると他のハマチも一気に食いが立ちます。





その為、ジギング船は一度に何匹も釣れるのですが、私は基本、一人で釣ります。





そういう事は出来ないため、私はよくナブラ撃ち1本で挑むのです。



ジギングは水深のある所ならタナと場所をピンポイントであてなければなりません。



普通、ジギングポイントは魚を当てるのではなく地形の変化のあるところで、エサを探しに来た魚をあてます。



サバは群れを見つけて落とす事もありますが・・・



地形変化のない所で魚を探すのならソナーでもないとすぐに見失います。



適当にジギングして釣れても、私の中では「釣れた」だけで「釣った」ではないですね。



満足度が全然違います。



その点、ナブラ撃ちなら捕食している所を狙えます。



水深の浅い所ならナブラが出ていなくても頻繁にナブラが出ているポイントは水面を意識している魚がいるでしょう。



私がブログで何度も爆釣しているのはこういう理由ですね。





ただキャスト技術、ルアーの選択、動かし方は非常にシビアです。



ジギングは水深があるため水中は暗いからか割とアバウトです。



しかしナブラ撃ちは光が抜群に入ってくる表層です。



ポッパー等の水面上を引くルアー以外は完全に見て食っています。



何度も追ってくるが見切られる場合は色、サイズ、動きのどれかが違います。(ただし色はアピールが良い場合とナチュラルが良い場合があります)


人気ブログランキングへなるほど、と思ったらクリックお願いします。



もちろん何でも食ってくる魚が群れの中にはいるので、1匹釣れたのだから・・・と何度もナブラに通してしまいがちですが、本当にマッチザベイトなら頻繁にアタックしてきます。



食いが悪い場合は色んなルアーを使ったり、アクションを変えてみましょう。





瀬戸内でイワシベイトならとりあえずサージャーを持っていれば大丈夫です。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

ハマチはどこへ?ツバス(ワカナ)25匹ぐらい。アオリ15ハイ  

今日はお客様をお一人乗せて二人で出船。



2度目の乗船なんで準備も手際い良く、すぐに出発



昨日、一昨日と爆釣なんで、おいらも余裕ですね。



狙いのポイントに行く途中で遠〜くに軽いナブラ発見



とりあえず準備運動にやってみよう。



たくさん出ている感じではないが、魚が居るであろう所に船を止め



ナブラが出た瞬間に狙い撃ち



速攻で釣れたのは40cmぐらいのツバス。



こいつらか・・・



もう1匹、お客様が釣れて、とりあえずボウズなし。



だがサイズが・・・



小さいのを粘る気にもなれず、すぐに移動。





いつもの爆釣ポイントで待機。



ワクワクしながら待つが出ない・・・



仕方ないのでアオリを狙ってエギングする事に。



ポツポツ釣れるがサイズがイマイチ。



前回のサイズよりはるかに小さい。



胴長が大きいので17.8センチぐらいですね。



ま、この時期の普通サイズです。



やはり前回のアオリは異常に大きいサイズの群れだったみたいですね。



Sn3g0740



釣果の一部。



しかしナブラが出ない・・・、こんなはずでは・・・



仕方なくツバスが釣れたポイントへ。



するとあちこちでナブラが発生。



それからは入れ食い。



何百匹と居る感じですね。



程ほどでいいかなと思ったが、良く見ると時々ハマチのナブラも混ざってるやん。



なんとかハマチを・・・



と頑張ったが釣れてくるのはツバスばかり・・・



入れ食いで面白いのだが・・・



1時間ぐらいで25匹程度釣ってナブラ終了。



あれだけ居た魚が突然消えた。



Sn3g0741



ごめんなさい・・・小さいのばっかりです。



残念、大きいのを釣りたかったですね。





それからは、走っては待って、走っては待ってを繰り返しハマチを探すが



ナブラは出なかった。



おいらのナブラ運はどこに?



Sn3g0742



釣果の一部。ヒットルアーはすべてサージャー



人気ブログランキングへ小さいけどクリックお願いします



ま、配るのならこれぐらいのサイズが渡しやすいでしょう。



ごめんなさい・・・またリベンジにいきましょう。



次はハマチかブリを・・・



にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ



ちょっと凹んだおいらにクリックお願いします。



詳しくは釣りバカ日記2へ・・・小さいから興味ない?一応です。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop