来島丸日記 ホーム »2010年03月
2010年03月の記事一覧

問い合わせの件ですが・・・  

ポッパーの改造の仕方を問い合わせてこられた人へ。



返信しましたが、メールの受信制限がかかっているのか、届かないというメールが帰ってきました。



受信制限を解除したら、再度ご連絡ください。



メールを送信いたします。



連絡先がわからないのでブログにアップさせていただきました。



スポンサーサイト

category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 0

ジギングが出来る日も近いかも・・・またハマチが釣れた  

 あかん、 どこ行ってもサバがおりません。



結構、走り回ったがサバの群れは、ほとんど魚探に映らず・・・



 Sn3g0461Sn3g0462



でも釣果は、なんとかこれだけはゲット。





ハマチ(ワラサ)70cmぐらいとヤズ(イナダ)とサバ8匹、アジ1匹。



釣果だけを見ると釣れてるじゃないか、と思うかも知れないが



ハマチとサバが4匹、1度に釣れたミラクルがあったからです。



それが無かったら惨敗でした。あぶね〜





走っていたら魚探に魚影が映ったんで、惰性で走りながらサビキを投入。



すると狙い通りフォーリングでハマチがヒット



ハリスは4号なんで止めれないんで、なんとか操船しながら耐えていたら



どんどん重くなってしまって、最後は根掛かり



「オモリだけ飛んでくれ」と祈りながら引っ張ると見事に魚が残ったまま切れた。



危なかった・・・、上げて見てみると一番下の針の幹糸が切れてたよ。



もし上のほうだったら・・・。幸運でしたね。







魚探に映ったらヒットするぐらい食いがいいんだが



魚影が少なすぎる、完全に大きな群れを見失ってます。



次回は群れを探す旅にでないけませんな・・・。油代がキツイよ〜





Sn3g0463




光の反射でわかりにくいが、ハマチ(ワラサ)とヤズ(イナダ)。




大きさの違いがよくわかるでしょう。




聞いた話ではヤズが一年で上のハマチになるらしい。




正確には春、夏、秋ですね。冬の間はほとんど成長しないんだって。




よく食べるんで早い成長だね。




養殖とは成長スピードは違うだろうけど。




ジギングしていたら一月ごとに大きくなっていくのがわかりますね。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

ジグや錘(オモリ)の製作動画  


以前から、ジグや錘の作り方を教えて欲しいとの声がありましたので




ちょっと動画で紹介します。








鉛の材料さえあれば、ほぼタダ同然なんで覚えておくといいですよ。




でも火を取り扱うので、十分に注意してください。




型に水分が入っていると、鉛を注入し終わった時に、鉛が飛び跳ねてきたり




最悪の場合、型が破裂する恐れもあるらしいです。




自己責任でお願いします。






Sn3g0440




こんなジグやオモリを作ります。




今回の動画は、オモリを作っている動画です。






鉛が溶けていく様は、面白いですよ。




ターミネーターを思い出すね。




カセットコンロでする人もいますが、バーナーの方が直接当てれるので




早く溶けると思い使ってます。












ジグも基本的には同じ作り方です。






こうやって作るのは簡単なんだが、型を作るのが非常に難しい。



初めは何度も失敗するんじゃないかな。



おいらの鉛も残り少なくなってきた・・・



どこかに鉛がないかな?



オークションにも鉛の材料があるんだが



いい材料があったら教えてください。m(_ _)m






人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

役にたった方はクリックお願いします。



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

来島海峡の最近のサバやハマチの釣果情報  

最近忙しく、ブログもアップ出来なかったんで、まとめちゃいました。



まずは前々回の釣行。





この日は群れが少なく、魚探にも反応が少ない。



しかし、そこはおいらの技術?で確実にゲット。



数えるほどしか群れが通らなかったが、そのたびに1.2匹ゲット



でも掛ける度に「手ごたえ軽」って感じでガックリ・・・・



Sn3g0452 Sn3g0453



結局なんとか9匹ゲットしたがまともなサイズ(40cm以上)は



写真の右下の2匹だけ・・・・







そして前回の釣行。



前回が小さいのばっかりだったんで、期待してないが出船。



様子見の1流し目からヒット!



しかも2匹で、両方大きなサイズじゃないか



この日は昼から用事があって、午前中だけだったが



それでも大きなサバばっかりが11匹。



最近にしては上出来だね。





Sn3g0455 Sn3g0454



写真の撮り方が遠いので小さく見えますが大きなサバです。



映ってない魚がいるが11匹でした。







そして今日、前回良かったんで、期待をして出船。



しかし・・・









まったく反応が無い。



1時間以上まったく反応が無ければ、周りの船も上げてない。



日曜日なんで、かなりの数の船がいるが、それでもダメ。



1時間半ぐらいたって初の魚影確認!



一気にリールを巻き、タナを合わせると、「ガツン」と即ヒット!



群れが少ない為、次の群れにあたるのは期待できない。



そこで、ドラグをかなり緩めて泳がせて、周りのサバの追い食いを待つ。







が・・・痛恨のバラシ





「やっても〜た〜」



すんなり上げてしまえやったかな・・・



ま、そんな掛かりの悪い奴はどちみち途中でバレるやろ。



気を取り直して釣りを再開するが、やはりサバはいない。



3時間ぐらい経過してやっと群れが通り、得意の追い食いで2匹ゲット。



その後も群れは通らず、「あかん、今日はダメやな」



と思ってた頃になにやら底ベタで大きな魚の反応。





「鯛かな?」即サビキを落とし、着底した途端にグイっと首を振るアタリ。



ガツンとフッキングした瞬間、この重量感はヤバイ



即座にドラグを緩める、根掛かりの危険もあるが明らかに



4号ハリスでは止めれない!





30秒ほどで根掛かりポイントを過ぎて深場に入ったので、こっからは持久戦。



リールはフリームス。ドラグの微調整は上級モデルの様に出来ないが



逆に言えば、少ない調整ダイヤルの動きでドラグが一気に緩めれるので重宝してます。



フッキングはきつめで、掛けてから相手が走り出す前に緩められます。



緩めに調整しておいて後は、指とロッドの角度で微調整。



かなりの手ごたえで心臓バクバク





あまり走らないし、結構首を振っているのでタイかな?



でも、この手ごたえだと夢の1メートル級のマダイかな?





ワクワクしながら5分ほどやり取り。4号なので無理は禁物。



しかし鯛にしては持久力があるし、40メートルぐらいの水深でヒットしたのに



リーダーが見えても、まだガンガン抵抗をしてる・・・







おかしい?



鯛ならバテて、しかも浮き袋が膨張する為、最後は簡単に浮いてくるはずなのに・・・



サビキを手にとって上げてくると、70cmぐらいのハマチ(ワラサ)でした。





「あれ??ハマチやん





ハマチの引きがわからないなんて、おいらの腕が鈍ったな・・・



なんて思いつつ、イケマにハマチを入れ、上げていたサビキを投入しようとしたら



グイッっと手ごたえが・・・



ん?もしや。



まだ下のサビキに同サイズのハマチがおるやん



やったね。



それであんな引きやったんやね。



納得です。





上げてみると錘は根掛かりで切れてました。



危ない、危ない。



一応、オモリの捨て糸もハリスと同じ4号だが、途中に8の字結びを入れてます。



こういうときに、オモリだけ飛ぶようにね。計算通りですわ。



でも、その後、2時間ぐらいアタリなし・・・







潮止まり寸前で群れ発見



3流しで7匹ゲット



よかった〜。粘って正解でした。



Sn3g0456 Sn3g0457



右のイケマ                  左のイケマ



Sn3g0459



魚はかなり少なかったが、今日は運が良かった。



ハマチ(ワラサ)2匹、サバ9匹。



Sn3g0460



70cmぐらいです。



胃の中はイカナゴが1匹。ほぼ空っぽでしたね。





今治周辺もハマチが結構、回ってきてるらしいです。



近々、ジギング復活するでしょう。







中潮

























干潮02:3024cm
満潮09:06345cm
干潮15:0553cm
満潮21:16333cm



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

簡単、速攻で出来るラインシステム、SFノット改  

私が愛用しているラインシステムはSFノット改です。

YOUTUBEの動画を見てもらえればわかりますが、私は1つずつ編み込みはしません。
理由は単純に面倒くさい、時間がかかる。「揺れる船の上でそんな事できるか!」と自分で考え今のやり方をみつけました。
慣れてくると編み込んだように綺麗に仕上げることが出来ますよ。

始めに20回以上PEラインをリーダーに巻きつけます。それを左手と右手を戻しつつ右手を上に引っ張り始めに巻きつけたPEラインの上に巻き返します。

そして8の字結びで止めます。この時の注意点は唾でもいいですし、専用のシリコンでも構いませんが、よく滑るようにしておきましょう。PEラインは熱に弱いですので。
それとリーダー(ジグ側)を持って、PEラインのリール側、余りのPEライン、リーダーの余り、すべてを引っ張り、十分に締め込む事が大切です。

普通のSFノットは編み込みをして8の字、もしくはユニノットで終わりです。
それだけでは強度、耐久性不足なのでハーフヒッチを10回ほど行います。
これだけでも強度は上がります。

そしてリーダーを余った切断してライターで炙ってコブを作っておきます。
これを作っておかないとキャスティングなどで何度もガイドを通るうちにスッポ抜けることがあるかもしれません。
最後にもう一度PEラインをハーフヒッチをPEラインの上に10回程行います。
これはリーダーの最後の部分とPEラインの固さが違いすぎる為に境目のPEラインに負担が掛かりすぎるので、それを軽減させる目的です。

そしてPEラインを切断してライターで炙って完成です。

ハーフヒッチは左右交互にする人もいますが、強度や耐久性は変わらないので、スピーディーにできる同じ方向でやっています。


ジギング、キャスティング、エギング、すべてこれで行っています。
8の字結びのコブが嫌だという人はこの方法でFGノットをお勧めします。
私も以前はキャスティングはFGノットを使用してましたが、SFノットでも、きちんと結び目を第2.3ガイドあたりに持ってくるようにしていれば、キャスティング時に結び目が引っ掛かって切れる事はないです。





以上、HPからの コピペなんで、硬い言葉ですが気にしないでください。





今まで色んなラインシステムを試してきたけど



どれもしっくりいかないので試行錯誤しましたね。



時間が掛かりすぎたり、船の上や風のある時に作り難かったり・・・・



ボビンホルダーを使ったノットなんて論外。



今ではほとんどの釣り方にPEラインを使っているのに



いちいちボビンホルダーなんて持っていけません。



家でじっくり出来る時はいいけどね。



ナブラが出ているときや時合いの時は



最後のハーフヒッチはなくても構いません。



これは耐久性を上げただけで、強度的には変わらないと思いますので。





うまく出来るまでひたすら練習あるのみです。



どんなノットでもそうですが、きちんとした結び方が出来ていても



ちょっとした巻き方、締め込み方の違いで強度や耐久性が変わってくるので



何度も練習しましょう。







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 少しでも参考になったという方はクリックお願いします



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 0

サバを9匹ゲットしたけど・・・  


今日は潮が微妙な時間に動き始めるんで




朝はのんびり10時ぐらいに出船。






今日もサバ狙いの自作サビキでトライです。




ポイントに着くと20隻ぐらいいるかな?




さすがに祭日やな。




でも釣れてない為か以前より、かなり船が少ない気がする・・・




2時間ぐらい粘るが、まったく釣れない!映らない!誰もあげてない!




と、最悪の状態。






どんどん船も減ってきて、釣り易くはなったが魚がいねぇ〜。




p

昼前になって待望のアタリ




フッキングした瞬間、ガックリするほど軽い!




上がってきたのは30センチぐらいの豆サバ・・・




おまえはいらねぇ〜 一昨日来やがれっ




ってイケマにリリース






一応、刺身やフライにすると美味いしね。








それからポツリポツリ、ゲットしたが、豆サバばっかり。




潮止まり前で、ほとんど誰もいなくなったが、サバが回ってきたのは




今が一番多いな・・・。






結局、9匹釣ったが大きいのは1匹だけ・・・




少ない群れの割には捕れたと思うのだが、さすがにこのサイズでは・・・




Sn3g0452




大きなサイズの群れよ〜、帰ってこ〜い!






小潮

























満潮01:58317cm
干潮07:59134cm
満潮13:30283cm
干潮20:1345cm



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 4

サビキ用のスーパー回転ビーズ  


サバが何処に行ったかわからなくなった〜〜。




釣れないどころか魚が魚探にほとんど映らない。








なので今日は自作サビキのエダスをつけるときの回転ビーズの話です。




サビキをしていると、どうしてもサビキが回転してしまって




ラインによれが出来てしまい、絡みやすくなります。




途中に何個もヨリモドシをつけたり、三又のヨリモドシでエダスをつけたり




色々試しましたが、どれもうまくいきません。






サビキを綺麗に作っているので初めのうちは回転しませんが




魚が釣れたりするとバランスが崩れてしまって回転し始めます。




水深50メートルから上げてくるとヨレは、かなり出来てしまいます。




船の上に仕掛けを置くとヨレているんで、すぐに絡んで投入に時間がかかってしまう。




そこであまり期待をしていなかったが、回転ビーズを使ってみたら




かなり具合が良くなったね。




これからはこれでサビキを作ろうと思います。




Sn3g0451




耐久性や強度は、まだ確認していないが




有名なささめ針さんの製品なので、その点は大丈夫でしょう。




いままで回転しないよう苦労して作っていたのがなんだったんだ




というくらい抜群の効果でした。








難点は作る時に8の字結びでを作るので、幹糸が長いと大変。




長い仕掛けはヨリモドシ等をいれて、何分割かに分けないといけないですね。




作り置きしている仕掛けも、すべてこれにしよう。




大変な作業ですが、頑張ります。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

役に立ちそうでしたらクリックお願いします



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 3

暴風の中でも頑張ってます。サバ22匹!  

今日(正確には16日ですが)は風が強い予報。



危ないから風が吹き出したら帰ろうと、心に誓い出船。



が、全然、釣れないじゃん。





風がどんどん強くなってきたんで帰ろうかな、と思った頃にサバの群れ発見



またもや食いのいい群れで、ジャンジャン追加。



しかし、台風並みの暴風で、操船は大変だし



何より波が高い!



かなり危険です。





ちょっと横の本流に入ると、風と潮の流れが反対なんで高波です。



うかつに入ってしまうと転覆しそうです。



幸い風向きが本流側とは反対側に流されるんでいいのですが。



4連でサバが上がった時には風で流され



最後のサバをランディングした時には、振り向いたら座礁寸前でした。



変な汗をかいたが、「さ、次いってみよ〜」



2時間ぐらい釣れ続け22匹!







今日も結構でかいのが混じってましたね。昨日の程ではないが・・・




やり取りしている最中も、風で船がぶっ飛んでいるんで



操船しながらだったんで、時間がかかってしまった。



もっと短時間にランディングまで持ち込めたら



もっと大漁でしょう。





でも、こんな釣りをしていたら、いつか転覆か座礁しそうな気がします。



帰ってから反省しました。(ちょっとだけ)



Sn3g0444



イケマの様子



Sn3g0445



右のイケマ



Sn3g0446



左のイケマ







皆さんも海難事故にはご注意を・・・



おいらが言うなって感じですが。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 暴風の中、がんばったおいらにクリックをお願いします



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 5

超特大サバゲット!  


最近、サバの調子がすこぶる悪い。




漁師もあまり釣ってないんだよな・・・






なんで、今日は夕方にかけて雨の予報なんで




あまり釣果がなければ早めに帰ろう。






と思いながら釣れなくてもずっと粘り続けるおいらでした。




それが吉と出ることもあり凶と出ることもあるが




今日は吉の日でした。








まったく釣れないんでウロウロしていたらサバらしき魚影発見




そらいけ〜、おいらの自作サビキちゃん




40cmクラスの良型のサバゲット!




それからどんどん釣れだし、50センチ級の大型も混じり




大漁の予感








あっちこっち船を操船しながら




サバの群れを探してはサビキを投入していきます。




いい群れにあたれば100%食ってくるぐらい反応がいい!








おいらのやり取りの仕方は、フッキングしたら即ドラグを緩めます。




サバは初めは引きが弱くても、後からメチャメチャ引きが強くなったりします。




多分、走る方向や、自分が釣られていることに気付いてないんでしょうね。




あまり引かないといって、油断していると一気に走られて




身切れでバレる事がありますね。






だから、一応ドラグ緩めにしときます。




それと、もう一つはフッキングした時は周りにサバがいるはずです。




そこで、サバを走らせると2連、3連も珍しくありません。




ただ、緩めすぎて2匹以上掛かっている時に




走らせすぎるスピードが速過ぎると絡みます。




上のサバが下のサバのより下に行ってしまうと




サビキは再起不能になります。




適度なスピードで走らせましょう。








サバを20〜30メートルラインで釣っていたが




激流の中で5〜10メートルの表層で魚っぽいの反応




あまりにも浅いからゴミかな?




半信半疑でサビキを巻き上げます。




サビキの一番上は見えそうじゃん。




さすがにこれは間違いかな・・・




と、思ったらドンッとアタリ






フッキングをしてドラグを緩めると、走り出して止まらな〜い




何者?慎重にやり取りをして上がってきたサバは40センチの良型。




ん?コイツがそんなに引くわけがない。まだおるはず・・・




ワクワクしながらサビキを上げてくると




今まで見たことないサイズのサバがいるじゃないか




あげて見ると50センチのサバより一回りデカイ






長さは少し長いだけだが胴回りがハンパねぇ




Sn3g0441




写真やし、遠近法でわかりにくいが




一番手前のが40cmです。これでも今治産で結構な値段しますよ。




真ん中のが50センチ。普通なら大型です。




奥のが特大。何百とサバを釣りましたが、このサイズは初めてです。




他の海域ではいるのかも知れないが、瀬戸内では稀でしょう。




興奮したが釣れているんで、眺めるんは後や、釣ろ釣ろ。








雨が降ってきたが釣れているんで関係なし




それからもポツポツ追加して






Sn3g0443




大漁、大漁。15匹ぐらいかな。




途中から雨がドシャ降りで雨カッパ着てないから、ずぶ濡れですわ。





雨カッパ着る間があったら1流し出来るでしょう。




釣りバカだから・・・






ま、釣れない晴れよりは釣れる雨の方がいいね。






大潮

























干潮03:5244cm
満潮10:14327cm
干潮16:1059cm
満潮22:21

326cm



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

特大サバを釣った記念にクリックをお願いします。



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 5

60cm強のマダイ、サバ少々・・・タイラバ・サビキにて  


一昨日の体の調子も治り




昨日、サバ狙いに行ったが見事に玉砕。




なので今朝はタイラバ(ソルティーラバー




Pb120074




でタイ狙い フックはもちろんアシスト専科のフックです。








ここ最近、タイの反応がチョコチョコ見えていたんで期待大




一応、サバも回ってくるかもしれないんでサビキもタイラバの上にセット。




ポイント到着して、しばらく反応もない。






「う〜ん、また外したかな?」




船を少し走らせるとタイっぽい反応を発見




急いで潮上に行って魚のいたラインを流すと




ガツンと一気にロッドをひったくるようなアタリが・・・




思わずガツンとフッキング!






すると一気にドラグが出て走り出した




ガンガン首を振っているし、マダイに間違いない




慎重にやり取りをして、上がってきたのは60cm強のマダイ!




Sn3g0439



やったね。






でも、それからはポツポツ反応はあったがアタリなし。




タイを諦めてサバを狙いに行こう。




昨日はダメだったが、青物なんて1日で激変するから




今日はもしかしたら・・・








淡い期待は玉砕でした。




Sn3g0436




こういう反応はあるんだが、何かのベイトだろう。




まったくサビキには反応がない。





サバが5匹釣れただけでした。




先週は20.30匹とか釣れていたのに・・・




青物はムラが激しいね。




Sn3g0438





若潮

























干潮02:0473cm
満潮08:55306cm
干潮14:51113cm
満潮20:47

278cm







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop