来島丸日記 ホーム »2010年02月
2010年02月の記事一覧

久々のハマチ(ワラサ)サバとアジ多数  

夜明けと共にサバ狙いでサビキをセットして出船。



潮も大きくなったしサバも活発に泳ぎまわってるかな?



と期待しつつ1つ目のポイントに到着。



漁船はいるが魚はまったく映らない・・・





それではと違うポイントに行ってみるが、こちらも反応なし。



走り回ったが何処も魚が映らないんで



仕方なく最近釣りをしてないポイントへ。







ここも当然のようにまったく映らない。



走り回ってもガソリンの無駄使いなんで



のんびりとサビキを垂らしておこう、そんな気分で投入。



サビキが落下中に魚探に小さく何か映った



そのタナでサビキをストップ。







即アタリやったね。



上がってきたのは45センチ丸々太ったサバ。



でも、やり取りの最中や掛かった瞬間もそうだが



魚探には反応がない。群れではなさそうや。







それからしばらく釣れない時間が続き、のんびりしていると



魚探に反応も無くいきなりドスン!!



フッキングすると一気にラインが走る



サビキでハリス4号の為、緩めのドラグなんで止まらない



水深とラインの長さを見ると明らかに水深以上のラインが出てる。



ヤバイな〜



でもこれ以上のテンションは危険。



操船しながら何とかファイトしていたが



とうとう他のサビキが根掛かり



やっちまった〜



でも魚は付いている手ごたえがあるんで、テンションを保ちつつ



船を反対側まで回して引っ張ると、根掛かりが外れた





よっしゃ〜そして結構魚も弱ってきたので



ちょっと強引に上げてくると、上がってきたのは





ハマチ(ワラサ)!!





よっ久しぶり



あいさつを交わして無事ランディング成功



喜んだのもこの時まで。



それから昼まで、まったくアタリ無しで終了。





Sn3g0426



並べて撮ろうと思ったら暴れたんで、撮影失敗



面倒なんで撮り直さなかった。サバが弱るといけないんで・・・



ハマチは70cmぐらいでしたね。





でも水温が低いためか、夏のハマチ(ワラサ)に比べると



全然引きが弱いし、明らかに痩せてる・・・



晩秋はコイツも良く引いたのにな・・・







満ちがダメやったんで引きを期待ということで、昼からもチャレンジ。







しかし・・・



サバの群れを見つけたが、なかなか食わない



やっと食ったと思ったら25センチぐらいの極小サバ



違う群れを見つけてやってみると、上がってきたのは30センチ近いアジ。



アジもなかなか食わないんで悪戦苦闘。



20分ぐらいバタバタっと釣れて、後はポツポツ・・・



Sn3g0427



結局、これだけでした。







うまくやればもっと釣れていたはずなんだが。



アジがよくバレるんでハリスの細いメバル仕掛けにしたら



よりによって大きなサバが掛かって、全部の仕掛けを持っていかれたし。



なかなかうまくいかないもんですわ。



ま、久しぶりのハマチも釣れたし、上出来かな?



もうそろそろ念願のジギングの時期が近いかも・・・





中潮



























干潮02:503cm
満潮09:37357cm
干潮15:3279cm
満潮21:28317cm








人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 久しぶりのハマチなんでクリックお願いします。





スポンサーサイト

category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 0

オキアミ、ミミイカがベイトの時のサビキを発見!  


先日、サバの胃から出てきたミミイカ。




全部ミミイカだもんな、たまたまサビキに釣れたけど




コイツに似たサビキの材料を探さないといけないな。




Sn3g0416




今までのサビキはこれら。






ミミイカが入っているときは、圧倒的に赤系にヒットが集中。




魚が居るのに食いが悪いのはベイトに合ってないのかな?




Sn3g0402




そこで20年ぐらい前のバス用のタックルボックスを




倉庫から引っ張り出してきて、使えそうな物を物色。




形的にチューブルアーがいいんじゃないかな、と思い




偶然にも茶色があったんで、それを切って写真のように付けてみました。




Sn3g0424




チューブがそのままだと、ちょっと大きすぎるんで




縦に半分に切って丸めてフックにチョン掛け。






まさか20年前のバス用のG2(覚えている人いるかな?)が




サバ用に使用するなんて・・・




死んだイカは肌色みたいだが、生きているのは確か茶色っぽかったはず。








そしてもう一つ。




写真にはあまりにも小さかったんで撮ってないが




小さいオキアミを大量に食べているサバもいました。




同じポイントで違う日に釣ったサバなんだけどね。




日が違うといっても2日ぐらいなんやけど・・・




やはり日が違うとベイトも変わってくるんやね。






そこで100均に行って、何か使えそうな物を物色。




そこで似た色の毛糸を発見。




オキアミぐらいの大きさに切って鈎に付けます。




Sn3g0425




これだけです。(笑)






魚をなめてんのか!って怒られそうですわ。




ま、ものは試しでトライ。








15連に2つチューブルアーを付け




あまり期待していない毛糸を1つ付けて実践。




そして結果はこちら








Sn3g0422



Sn3g0423




サバ、9匹。アジ、1匹の合計10匹。




10匹中、チューブルアーで1匹




サバ1とアジ1匹が毛糸でした。








1つしか付けていない毛糸が意外と良かったな。




毛糸は出世したんで、次回は3つ付けてあげましょう。




それでも他の7匹は従来のサビキで釣れたし




色も3色全部に食っていたんで




やはりサビキは各色雑ぜたほうがいいのかな。






自分で発見したサビキの材料で釣れると非常に嬉しいですね。




他にもボツになったネタは多数あるんですが・・・




ひたすらトライ&エラーです。




気になった人は是非お試しを。








店で男が毛糸を手にとって見ていると




さすがに周りの目線が気になりますが・・・




思わず釣りに使うんですって言いたくなるね。



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

毛糸を買おうという人はクリックをお願いします。



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

海上でのヤマハ船外機オイル交換  


今朝もサバ狙いに行っていたが、潮が小さすぎるのか食いが悪い。




サバは魚探に映っているけど食わね〜




いるのがわかっているだけに悔しいね。




もっと腕を磨かねば・・・






4匹は何とかゲットしたが率が悪い。




燃料の無駄使いだから、今日は諦めて船外機のオイル交換をしよう。




使用時間・・・・








200時間以上




でもかなり短期間だからオイルの質は思ったよりは落ちていないようです。




今回はマリーナに持って行くのが面倒くさいんで




先日ヤフオクで買ったオイルチェンジャーを使用します。




Pap_0421




送料込みで4.400円でした。安いでしょ。




Pap_0420




まったく説明書がなく品物だけ入っているだけ・・・




箱に使用している写真があるんで、なんとなくわかるだろう。




構造はシンプルで容器の中を、空気入れの要領でシャコシャコしたら




逆支弁が付いているので、どんどん真空になります。




んでホースをオイルの中に突っ込んでいたら




オイルパンのオイルが抜けてくるわけです。








まず、エンジンをかけて暖機運転をしておきます。




少しでも粘度を柔らかくしたいからね。




エンジンのカバーを外します。




Pap_0419




オイルレベルゲージを抜いて、その穴にオイルチェンジャーの




ホースを奥まで差し込みます。




Pap_0418




そしてシャコシャコ、ポンプを動かしましょう。




Pap_0417




さすがに200時間以上のオイルは結構黒いですね。




何度かポンプを動かすと重くなり、オイルが抜けてくるので




しばらくそのままにしておきます。




ある程度オイルが抜けると負圧が弱くなるので




またポンプを動かすのを繰り返しましょう。




今回エレメントを替えたので2.1リットルでした。






ヤマハのエレメントはホンダの軽や小型の普通車のが合いましたね。




メーカー内である程度共通部品にしてるので




軽用やフィット用が使えますね。




パッキンの接地面やスペースがあれば大き目の普通車用でもいけます。




エレメントを外す時はカップタイプの道具が要りますよ。




締める時はパッキンにオイルを塗って素手で締め込んだらOKです。






オイルを入れる時、エンジンを上げて入れると入れやすいですよ。




オイルの4リッター缶から直接入れられましたね。






エンジンをかけてエレメントにオイルを回して




オイルレベルをチェックしましょう。




ゲージの網目の、ある程度上にレベルがあれば大丈夫です。




くれぐれも入れすぎないように・・・








メーカーの指定では100時間毎にオイル交換です。




おいらの用に短期間にたくさん使用した時は、結構過ぎても大丈夫ですね。




ただ、逆にあまり乗らない人は100時間できちんと交換しましょう。




100時間以内でも1年経過したオイルは交換をお勧めします。




オイルはエンジンの血液ですからね。




気になっている人は早めに交換しましょう。




車よりオイル量は少ないので、オイルの負担は大きいですよ。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・




category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 5

潮は小さくてもサバ好調♪  


今日は小潮




青物には厳しい潮だな・・・




そんなに期待もせずに夜明けから出船。








しかし・・・




意外とサバは活発じゃん




でもなぜかおいらはバラシまくり(TwT。)




サバってあんまりバレない魚なんだがな〜






魚探にはサバの群れとベイトの群れがビッシリ!




いい時間は1時間もなかったが4匹ゲットのみ




倍は掛かったのに全部バレました。未熟者ですわ。




それからはウロウロ探して単発でチョコチョコゲット。




群れが小さく広範囲を動き回るので、捕まえるのが超大変




一度だけまともに群れに当たった時に




「こんな群れは今日はもう無いだろう・・・」と思い




フッキングだけして泳がせて追い食いさせろ!




仕掛けはダメになってもかまへん!釣れれば許す!




ゆっくり上げてくると4匹ゲットやったね。






でも仕掛けは再起不能でした・・・








それからはアジ1匹、メバル2匹ゲットして終了〜〜〜




Sn3g0414




イケマの様子、全部でサバ13匹!




Sn3g0415




40cmのサバ13匹、アジ、メバルでした。




Sn3g0416




サバの胃の中にはミミイカがビッシリ。




ベイトの正体はコイツでした。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・




category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

サバ好調  

最近は今治周辺の海域はサバがウロチョロしてる



自作のサビキのこんなのや



P1310093



こんなサビキで



Sn3g0402



1日二桁以上の釣果



Sn3g0405



イケマが大賑わいですわ。



サバは食いが良い時は何でも食ってきます。



タナを合わせたら即あたりって事もしばしば。



でも食わないときは魚がいるのに全然反応してくれない時がある。



でも一部の人は釣れているんで、なおさら悔しいんだな。



時々そういう日や時間がある・・・



今日もあったがサビキのエダスの長さを変えてみたが変化無し。



う〜ん、原因がわからん



動かし方?サビキの種類?



おいらの研究は続きます。







Sn3g0409



釣果の一部。40センチぐらいのサバ



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 過去来島丸&プライベート釣果

tb: 0   cm: 2

サバ大漁  


天気予報は波の高さ1メートル・・・




ま、西の風だから今治は風裏になるから大丈夫だろう。




本命ポイントに行くと、さっそく漁師の船団が・・・






チョロチョロしながら反応を見るが、あまり魚探に映らんな。




釣れてたら漁師や船の動きでわかるのだが、今の所ダメそうやな。




う〜ん、期待していたポイントがダメなんでショックを隠しきれず




呆然と船を走らせてると、魚探に反応が






こんな所におったんかいそら行け、おいらの自作サビキ〜〜




しかし暴風の為、思ったラインにサビキを通せない




何度もトライして時々いい群れの中にサビキを通せるのだが




まったく食わない・・・なぜ?




1時間ぐらい経過して1匹ゲットのみ・・・








すでに風によって服はビショビショで塩もぐれや




そんなおいらの姿を釣りの神様が手を差し伸べてくれたのか




突然サバがガンガン食いだしたじゃないか




しばらくは流す度に1匹か2匹ゲット




さっきまでの食いの悪さは何やったんやろ?




Sn3g0405




全部で15.6匹ぐらい・・・








素晴しいじゃないか




あれだけ釣れていたのに




突然あっという間にサバはどっかにいってしまった・・・




ちょっと時間がずれていたら釣れてなかったんやろね。




サバは難しい。嵐のような時間の後は走り回ったが




ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と魚は見えませんでした。




う〜ん、何処に行ったんだろう。








帰りに神経締めをしたのだが、小さいサバやアジは




下の写真のようにエラをのけて背骨を切断し




そこから針金をさしたほうがやりやすいですよ。






Sn3g0407




小さいサバやアジは尻尾側の神経が細いので




針金が通しにくいからね。これなら簡単に出来ますよ。








そして持って帰って刺身に・・・




と思ったんだが、最近、刺身ばっかりなんで飽きちゃった。




という事で




Sn3g0408




じゃ〜〜ん!フライにしてみました。




神経〆意味ないじゃん






竜田揚げも美味しいけど、手間が掛かるがフライはもっと美味いよ。




プリップリッの刺身でもいける身をフライにするのは気が引けますが・・・








今日のヒットサビキカラー




赤、青、緑、白すべて釣れましたね。




食いが良い時は色なんて関係ないのかな?








中潮

























満潮00:16328cm
干潮06:1850cm
満潮12:28328cm
干潮18:3744cm







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

荒波の中がんばってるおいらにクリックをお願いします。



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 0

サビキのお勧め仕掛け巻き  

連日のサビキ作りで、おいらのサビキは大量に確保



これだけの量を作るのは大変でっせ。



Sn3g0400



サビキを保管している白い板は風呂のバスマット(笑)





ダンボールや100均のカラーボード等色々試したが



これが一番使いやすいね。



ダンボールは水がつくと最悪だし、フックのカエシまで刺さないと



簡単に抜けてしまうし、カエシまで刺すとなかなか抜けない。



カラーボードは弱くて簡単に割れるし、やはりすぐ抜ける。



バスマットは適度の締め付けがあるので簡単には抜けないし



当然水には強い。かなりお勧めですよ。



ちょっと硬めのバスマットを選ぶと良いですよ。









そして新しく開発したサビキがこちら





Sn3g0402



キラキラしていてアピール度抜群にしてみました。



ちなみに今日、サバ漁に行ってきましたが



デビュー戦で見事にサバゲットしてきました





キラキラの正体はこちら↓



Sn3g0404



部屋に転がっていた100均のキラキラテープ



これをハサミで細く切ってサバ皮に挟み込み



ハリスでサバ皮ごと結びます。



釣具屋さんにもあるけど高いし、それ用に作ってあるんだから



釣れるに決まってるでしょ。



こういうわけのわからない道具で釣れると、かなり面白いですよ。



材料費は格安です。







サバ皮のを緑や赤に染めるのはこちら



Sn3g0403



じゃ〜ん!



ご存知、「マッキー」です。(笑)



今日、半日使用しましたが、色落ちも無く問題無しです。



塗るときによく脱脂はしておくのと、瞬間接着剤とは合わないので



接着剤とは反対の面に塗っておきましょう。







Sn3g0401



自作のサビキ仕掛け巻き。(笑)



先ほどのバスマットを市販のハリスを巻いてある物に貼ります。



几帳面な人はきちんと丸に切りましょう。



おいらはテキトーなんで、こんな感じになりました。(爆)



こうしてサビキを巻いてると癖もつかなくて良いですね。



今度作る時は綺麗に作ります。







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村 バスマット買おうと思った人はクリックしてちょ



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 2

ジグの型を作り直し  


用している自作ジグ




Sn3g0324




よく釣れまっせ




Sn3g0372




かなり釣ってきたジグなんだが、初めの頃に作った型の精度があまり良くない。




鉛を流し込んで出来上がった時にバリが多いんだよな。




ヤスリ掛けが大変




1個ならまだしも作り出したら何個か一度に作るから




手はだるいし飽きてくるし、作るのが嫌になってしまう。








そこで型を作り直そう




かなり面倒やけど、これからも作っていくだろうから




と言い聞かせ作業開始。






型をとりたいジグを粘土に埋め込みます。




いくつも作ってきたから、手馴れたものですわ。




Sn3g0374




セメントを入れて2〜3日待ちます。




Sn3g0375




乾いたら反対側も型を作ります。




詳しく知りたい人はホームページに載せてあるんで参照にしてちょ。








出来上がりました。




Sn3g0397




流し込む穴とエアー抜きが悪くて




鉛が最後まで詰まってくれない。




何度もテストをしては削ってを繰り返し、鉛が詰まるように削ります。




面倒くさくって開けるたびに詰まってないから発狂しそうやけど




近所の人に通報されるとマズイんでグッと我慢




Sn3g0398




そして遂に完成






苦労したんで喜びも大きいね。




ヤスリ掛けの仕上げ時間が半分になりましたわ。




これからもずっと作っていくから、手間が掛かっても




作り直して良かったでしょう。




後はシールを貼って、コーティングをして完成じゃ〜





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

ジグを作ってみたい人はクリックしてね







category: 釣り道具

tb: 0   cm: 2

特大サバゲット!!  


最近、来島海峡では、サバの調子がいい




ということで、早朝からはりきって出発




ポイントが見えてくると・・・・・




なんじゃ〜この船の数は・・・




それほど広くないポイントに50隻ぐらいの船団ができてるやん




船団に入って釣るが落ち着かないし、おまけに魚が映らない。




昨日は調子が良かったみたいだが、今日は誰も上がってないな。




船団から離れた漁礁で1匹サバをゲットしたが、後が続かない。








船団に入る気がしないんで、色んなポイントに走ってランガン!




魚探に魚を見つけてはショットガン戦法




上がってきたのは大型のアジ




Sn3g0385




30センチは優に超えますね。




刺身でも塩焼きでも抜群です。






でもその後はガンガンバラシまくり




ジギングロッドでガツン!とフッキングしてしまうからかな?




口が裂けてるのだろうか・・・あまりにもバラシが多すぎる




今度から柔らかいロッドでしようかな・・・




それからもポツリポツリ、アジやサバを追加。




結局サバ7匹、アジ4匹でした。




P1310093




サビキは自作のサビキ。




作り方は釣りバカ日記に載せてます。








1匹のサバは50センチ強の特大でした・・・が




写真を撮るのを忘れてました。ごめん




Sn3g0399








サビキをやってると、どんな色や種類が当たるかわからんので




色んな種類を付けてるが、追い食いさしてみると




同時に釣れた奴でも、違う色や種類に食ってるんだよね。




う〜ん・・・どれが正解なんだろう?






やはりサビキもジグと同じで奥が深いですね。




食いがいいときは正直サビキなんてなんでもいいみたいで




皆バンバン釣れるんだけど、食いが悪い時は




釣れるのは同じ人だけが釣れる事が多いような気がする。




サビキがいいのか腕がいいのかわからないが、多々ありますね。




もっと研究して報告できればと思ってます。









大潮

























干潮04:1828cm
満潮10:51335cm
干潮16:4780cm
満潮22:43310cm




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 来島丸釣果

tb: 0   cm: 2

漁師の落し物  



先日、来島海峡のとある場所でジギングしてたら何かが引っ掛かってきた。




「重たいゴミを釣ってしまった」と上げてみると




漁師が使う錘が絡まってきたではないか。




上がってきたのは右の錘




左は40号の錘




Sn3g0389




とんでもない重さです。




水深が20メートルのポイントなんだがな。




来島海峡恐るべし!








使ってやろうかなと、思ったが




ロッドでの釣りには使えるはずも無いな・・・




そこで溶かして使いやすい大きさにしてしまえ。という事で




先日作った、40号の錘の型を使用して錘を作ろう






Sn3g0390




じゃ〜ん!とりあえず2個作ったところ




何個できるんだろうか?




まだまだあるぜよ。








結局5個の40号の錘が完成




ということは・・・






Sn3g0391




あの釣り上げた錘は200号




すげ〜な、漁師は・・・




これでしばらくサビキの錘が確保できたな





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村

どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: 釣り道具

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop