来島丸日記 ホーム »ユーザー車検 乗用車
カテゴリー「ユーザー車検 乗用車」の記事一覧

愛媛運輸支局にて車検完了!  

無事、ウィッシュの車検が通りました!ヾ(=^▽^=)ノ



終わってみればこんなもんかって感じです。





最中はちょっと緊張しましたが・・・



ラインを通す時に助手席のヘッドレストのところに<



デジカメを挟んで置き動画で保存してやろって準備をしてたのに



なんとシャッターの長押しが完全ではなく痛恨のミス!(/ヘ ̄、)グスン



また2年後にチャレンジします。





明日はワゴンRも車検なんで今度はしっかりします。



でも乗用車と場所が違うんだよな。







ウチのウィッシュはどうも新車から光軸が上がってたみたい。



新車から高いなと思ってたけど



HIDでオートレベルだから大丈夫だろうと思ってたが



そんな事はないらしい。



1回目の車検は知り合いの所でやって新車なんで



光軸まで合わせてないはずなんよな。



新車も怪しいもんやな。







とりあえず到着したら



P7230034



自賠責の保険に入るので自動車会館に行き手続きをします。



22470円でした。平成21.7/23日現在



前回よりかなり安くなったな。



そして愛媛運輸支局庁舎に行き受付をします。



その時に「初めてです」と伝えると親切に細かく教えてくれます。



P7230032_2



上から自動車検査票、検査申請書、自動車税納税納付書です



まず受付の所で自動車検査票、自動車税納税納付書をもらって



それから自動車会館に行き検査申請書をもらいます。(25円)





そしてすぐ横で重量税(37.800円)と手数料(1.800円)を支払い



印紙をおねーさんが指示をしてくれますが指定の場所に貼り付けます。



そしてまた愛媛運輸支局庁舎に行きます。



なんで行ったり来たりするんや!順番どおりに作れや!!\(*`∧´)/ ムッキー!!



って感じがするがグッと抑えましょう。





そして必要書類を記入します。



机に見本もあるしお兄さんが記入する所に印をしてくれましたので



楽勝でした。





気をつけるのは鉛筆で記入する所とボールペンじゃないと



いけない所があります。私は見事に全部鉛筆で書きましたが



上からボールペンでなぞったらOKでした。



出来たら受付に提出ます。私は初めてと伝えたので札をくれて



ダッシュボードの上に差し込みました。



これで初心者ということで係員がついて教えてくれます。



2番のラインに入ってくださいと私は言われました。







そして、いよいよラインを通します。



2番のラインは上の案内図の青のラインです。



行くと10台以上並んでいました。



午前中はさすがに多いみたいですね。



しかし午後からだと、もし不具合があれば後が大変なんだよね。



のんびり車の中でテレビを見てくつろいでました。



不安な人はラインの横に窓があるのでどんなことをするか



確認すると良いですね。そうすればあたふたすることもないでしょう。



本来はすぐにラインは進むらしいがオーバーフェンダーの車や



なぜか時間の掛かる車がいて1時間ぐらい待ちました。



長かった (-_-メ;)テメ・・・





でも私の手前3.4台はスイスイ進んであっという間に順番が来ました。



そしてラインに入ると



まず検査員に自動車検査票と車検証を渡し



指示通りにライトやバックに入れたりしてライト回りの点検をします。



そして「ボンネットを開けて」といわれるので開けて



エンジンを切って車から降りてボンネットを自分で開けます。



そしたら検査員がちょろっと見て車体番号の確認を行います。



終わると車に乗り込み移動します。







指示される所まで進んで行きローラーの上にタイヤを置きます。



そしてドライブにいれアクセルを吹かして40キロまでスピードを上げます。



40キロがきたらパッシングをして合図をします。



それからブレーキやサイドブレーキ、光軸の点検をします。



上に電光掲示板で指示が出るので簡単でした。



たぶんここで前に移動したと思うけど・・・忘れた



そして検査員が排ガスの検査をしてくれます。



このときに車から降りて自動車検査票を渡されます。



OKがでると横の機械に差し込みます。







それから車に乗り込み前に進み下回りの点検です。



指定の場所に止めるとエンジンを止め



ハンドルから手を離します。



ハンドルが動いたり車が揺れたりしますが慌てない様に。



下から「ブレーキをかけて」と指示があります。



下からなので声が聞こえにくいので耳を澄ましておいてください。







終わると前に進み受付を通り過ぎて建屋の外に出るぐらいで



車を止めて降り、自動車検査票をまた機械に差込み、係員に渡します。



これでラインは完了です。



時間にすると10分かかってないいんじゃないかな?



「こんなもの?」って感じです。







それから愛媛運輸支局庁舎にいき



受付をした所にいって書類を渡したら



すぐ車検証をくれてすべて完了です。





動画があればわかり易かったのですが・・・m(_ _;)m ゴメン!!



しかしはっきり言って簡単です。



きちんとした車であればビビる事はありません。



結構、事務員のねーちゃんみたいな人もいたし・・・







もしどこか不具合があればその日なら無料で何度でも



ラインを通すことが出来ます。



 



 



光軸やサイドスリップなどはダメやったら近くの整備工場に



もって行くようにしてもいいと思います。







掛かった費用 ウィッシュ 5年落ち 6万キロ





















自賠責 ¥22.470
重量税 ¥37.800
手数料 ¥ 1.800
検査申請書 ¥ 25
合計 ¥62.095








安いですね。今までの車検が嘘みたいでしょ。



しかし安いですが車の整備は自己責任です。



私は趣味、仕事と車に関わってきましたが



ユーザー車検が簡単すぎて、もし何も知らない人が持って行き



不具合があっても検査員が気付かなかったり



症状がまだ出ていなかったりする事もあるんじゃないかと感じました。





日頃から車の調子や変化、異音に気を付けながら乗るように心がけましょう。







もし、故障したり、それに伴い事故でもおこすと大変なことになります。







何も知らない人は一応車に詳しい人に簡単に点検



試乗してもらってからの車検ををお勧めします。



お役にたてればポチッとお願いします。 



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2577130&amp;pid=878345553" frameborder="0" width="468" scrolling="no" height="60" allowtransparency="true"> </iframe>



スポンサーサイト

category: ユーザー車検 乗用車

tb: 0   cm: 0

ユーザー車検に初挑戦 愛媛運輸支局 松山  

今まで車検は車屋さんに任せていました



前の車はノーマルとは程遠い車で大変そうなので



ユーザー車検に興味はあったが出来なかった。



AEー86といえば鋭い人はわかるでしょう。( ̄▽ ̄) ニヤ





私も大人になって今はフルノーマルの乗用車(ウィッシュ)!!



これなら自分で車検が出来ると思い挑戦します。







まずは準備として車の点検をします。



陸運に持っていって手直しや通らないところがあると



あとが大変なのでしっかり見ておきましょう。



まずは空気圧(光軸を合わせる前に入れときます)



そして24ヶ月定期点検整備記録簿を見ながら点検します。



この紙は車検証の入れ物に入っているメンテナンスノートに入っています。





私の車は5年落ちなので、そんなに痛んでないですね。



一応、ブレーキパッド、タイヤの残量や、ベルトの痛みや割れがないか



ドライブシャフトのブーツ等、すぐに交換できない部品は慎重に点検します。





そして光軸やサイドスリップ、スピードメーターの誤差のチェック等は



知り合いの車屋さんに一応見てもらいました。



知り合いがいない人でも普通に持っていっても安く



やってくれると他のホームページで調べてたら書いてますね。



 
 



陸運局の近くでもテスター屋さんがあってやってもらえるらしいです。





そして愛媛運輸支局に予約をします。



ユーザー車検予約番号 (050−5540−2176)





電話でもかまわないのですが私はネット予約にしました。



 



 



ネット予約は国土交通省のHPから行います。



予約の仕方はあまりに簡単なので省きます。



本登録が出来たら予約受付番号を控えましょう。



できれば本登録完了のページを印刷しておくと良いですね。



その中に





必要書類●検査申請書(OCRシート第3号様式又は専用第3号様式)
●自動車検査票(右欄に手数料の自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙を貼付)
 ・検査にかかる手数料
  小型・・・・・・・・・・・・合計1700円(印紙400円、証紙1300円)
  普通、大型特殊・・・合計1800円(印紙400円、証紙1400円)
●自動車検査証
●点検整備記録簿
●自動車重量税納付書(重量税印紙を貼付して納付)
●自動車税納税証明書
●自動車損害賠償責任保険(共済)証明書
●その他

※検査にかかる手数料については、平成20年1月1日から、国に「自動車検査登録印紙」、
 自動車検査独立行政法人に「自動車審査証紙」により、納付していただくことになりました。





このように書いています。



先に用意しておくものは





  ●自動車検査証



  ●点検整備記録簿(24ヶ月)



  ●自動車税納税証明書ですね。

 
 
●自動車損害賠償責任保険(共済)証明書 
 22.740円



は事前に入ってもいいし


当日、陸運局の中にあるので、私は当日にしました。





後は当日購入ですね。



  ●自動車重量税納付書(重量税印紙を貼付して納付)
 37.800円



  ●自動車検査票(右欄に手数料の自動車検査登録印紙及び自動車審査証紙を貼付)
 1.800円



  ●継続検査申請書(OCR用紙)


 



 





そして予約日に乗り込んで行きましょう ヾ(=^▽^=)ノ


車を売りたい方はこちら



中古車バリュー出品代行


店に売るよりは買いたい人に売る方が高く売れるでしょう



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: ユーザー車検 乗用車

tb: 0   cm: 0

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop