来島丸日記 ホーム »ジグ製作
カテゴリー「ジグ製作」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

船、出船不能・・・(TwT。)  

冬の朝は潮がよく引くから、干潮の1時間前に



船の係留場所に到着。



朝の6時、まだ暗いですね。



しかし









船は完全に上陸しているではないか





最悪や〜、まだ引いてるので



満ちまでまってたら2時間以上待たないと出れんやん



車で片道15キロぐらい走ってきたのに・・・



すね気味で家に帰りました。







最近、調子の良い




サクリファイス



に似たジグ(笑)を増産しようかな。



結構釣れてるし、市販のサビキで連発で



切られた時に無くなってしまったしな。



Sn3g0302



前に作った型に鉛を溶かし流し込みます。



最近、ロングジグやでかいのは240gのジグを



作っていたんで60gなんて超簡単♪





Sn3g0303



ヤスリがけも少ないし、あっという間にこの状態に。



ちょっと汚いけど・・・ 自分で使うだけだから・・・



Sn3g0304



100均のシールを貼り付けます。



今回は目玉は却下しました。







斜め引きをするときは前に記事でも書いてるように



上下反対にセットして使うんやけど、目玉が下にあっても



平気でハマチは食ってくるから関係ないんだろう。



後はコーティング剤にドブ漬けして乾かしたら完成です。







手間は掛かりますが、費用はガス、ステンの棒、シールぐらいで



50円ぐらいではないかな?



これでまた爆釣してきます。ヾ(=^▽^=)ノ







人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

category: ジグ製作

tb: 0   cm: 0

ジグ製作  

前回、型作りに失敗し、作り直した






240グラムのジグの型が固まったんで






ちょっと試しに作ってみた。






Sn3g0215






型はこんな感じですね。






何度か試しに流し込んでみたんで黒くなってます。














そしてついにアイの部分のステンの針金をいれ流し込みます。






ワクワクしながら恐る恐るあけてみると・・・














ジャーン














大失敗!!(TwT。)










最後の方に鉛が詰まってない!!






それから何度もトライするがことごとく失敗。






いや、ほんとに難しい!










そのたびに鉛を溶かすのも量が多いんで






時間とガスが大量にかかる。(-_-;)・・・






7.8回はやり直したと思う・・・














やっと少しマシな感じの物ができたよ。






Sn3g0213






汚ね〜!






巣だらけやし。






ま、自分で使うだけやからいいか・・・






シャカシャカとヤスリ掛け。














しかし長い・・・






範囲が広すぎて嫌になってくるな






これは大量生産は厳しいね。






はっきり言ってあまり作りたくない(-_-メ;)・・・














ようやくヤスリ掛けが終わりシール貼り。






巣だらけなんで綺麗に張り付きにくいな。






ま、コーティング剤にドブ漬けするからええかな。






ん?









良く考えたらこのサイズを、どうやってドブ漬けに・・・?






こんな細長いビンなんて無いよな?






Sn3g0214






上がシール貼り完了






真ん中がシールを貼る前






下は100gの自作ジグ














仕方ない、コーティング無しでやってみよう。






確実に早い段階でシールが剥げると思うが・・・






どうせ今はタチウオがベイトなんで真ん中の






鉛むき出しのジグでもいいんじゃないかな?






今度、試しにやってみます。






食いがいいときは釣れると思いますよ。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: ジグ製作

tb: 0   cm: 0

ジグの型製作  

お気に入りのジグの型を作りましょう。






240グラムのジグ1つで2000円以上!!






これは高い!!










色々ジグは自作してきたが






このサイズは作った事がなかったんで






少し不安ですが、がんばってみます。






Sn3g0152






ダンボールでジグが入る型を作ります。






下にひくダンボールは何でもかまいません。






型のダンボールは薄い物だと弱いので






ある程度の厚みのあるものを使います。






Sn3g0153






下に粘土をひきジグを埋め込みます。






シリコンを塗ってはがれやすくします。






Sn3g0154






セメントを流し込みます。






これで2~3日乾かします。






楽しみや、うまく出来るといいが・・・














くわしい説明はホームページの自作のコーナーに






ありますので、興味のある方はどうぞ。






何度も失敗すると思いますが






諦めずにがんばってください。






また次の工程になったらアップします。





category: ジグ製作

tb: 0   cm: 0

ジグとアシストフック製作   

Sn3g0011



130グラムのジグを作りました。



上から





・鋳型から出してすぐのジグ



・ニッパーでバリを取ったジグ



・ヤスリがけをしたジグ







ヤスリがけが本当に大変なんよね。



何個もやってると気が狂いそうになるよ。



Sn3g0010



シールを貼ってドブ漬けした後、干してます。



その後、アシストフックを作りました。



Sn3g0008



細かい作業で疲れますわ。










スミス サージャー
を通販で買いました。



最近のナブラ打ちはこれだけ持ってたらOKさ!ヾ(=^▽^=)ノSn3g0009



こないだはシルバーのこの色が爆発したんで



即、注文!!



お勧めのルアーです。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・





category: ジグ製作

tb: 0   cm: 0

日曜日なのに・・・アシストフック製作  

朝からドシャ降り (┯_┯)



バーベキューの予定もキャンセル (/ヘ ̄、)



今年は降りすぎや、こないだまで松山は水不足やっていよったのに・・・







腐っててもしょうがないので在庫が少なくなったアシストフックを作ろう。



4時間ぐらいぶっ続けでやると頭がおかしくなりそうや。



それでもオークションに 出品してるので手抜きはできない。



自分のなら気楽に出来るんだけどね。



時間が掛かりすぎて採算があわないが趣味と自己満足や。



自分の作ったフックで日本のどこかでハマチをゲットしてくれるなんて



楽しいじゃないですか。





最近、問い合わせのメールやウォッチリストに入れてくれてる人も増えたし



がんばって作った甲斐があるってもんやな。



この調子でロングジグ用のも作ろうかな。



自分用は作ってるんだが、需要があるんだろうか?





ジグも前は自作で作ってた人が出品していたが



今はいないみたいですな、なんでかな?



採算合わんのやろな、時間が掛かるし、あまり高く金額できないしね。



既製品みたいに綺麗に塗装しなくてもバランスさえ良ければ



十分釣れるんだけど・・・



Ts3d0069



今日完成したアシストフック達 



「がんばってどこかで活躍するんだぞ!」って気持ちになるな。



Ts3d0068



・上からタイラバ用のシーハンターバージョン(ノッコミ用)



    タイラバ用のケプラーバージョン(小型のタイや食いが渋い時用)



・自作ロングジグ



・ロングジグ用アシストフック(使用済みですが)



・自作100gのジグ



・通常自作アシストフック







いかん!ジギングに行きたい病が再発してきている。



早く行かなければ・・・大変なことに・・・・・





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



category: ジグ製作

tb: 0   cm: 2

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。