来島丸日記 ホーム »ユーザー車検 軽
カテゴリー「ユーザー車検 軽」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

軽のユーザー車検 愛媛軽自動車検査協会 松山  

 


 



明日は7年落ちのワゴンRを持って行くので今度こそ動画を撮ってきます。



ちなみにライト周りの点検、エンジンオイル交換、ファンベルトの調整



下回りの点検、清掃はしました。



光軸とサイドスリップは一発勝負です。



タイヤの磨耗も均等やしハンドリングも異常無さそうなので・・・





86に乗ってたころはトーやキャンバーを調整しながら走ってたので



もしサイドスリップがダメなら腕が鈍ったんだと、ちょっと凹むかも・・・





すぐ近くにスズキとダイハツの車屋さんはありました。



いざとなれば持って行きます。







ちなみに軽は軽自動車検査協会で行います。



予約はネットでは出来ません、電話のみです。



今日の夕方に明日の午前中の予約を入れましたが大丈夫でした。



時期によっては混むかもしれません、早めの予約をお勧めします。



では明日、行ってまいります。 /(-_-)






 



 



今日は嫁のワゴンRのユーザー車検に行ってきました。



今度は昨日の動画の撮影の失敗があったので



しっかりシャッターボタンを押したが後で見返してびっくり



6分ぐらい撮影した所で録画が止まっていた。(/ヘ ̄、)グスン



なぜ?私のデジカメは長時間録画は出来ないみたい。



あ〜あ、また失敗や。ガックリ



ま、しょうがない、これも経験さ!次、がんばります。








用意するもの



・車検証



・印鑑(使用者)



・点検整備記録簿(24ヶ月)  ちょうど事務所にいたおっさんは用意してなくて



                   おねーさんから用紙をもらってたが



                   用意していた方が良いでしょう。



・重量税納税証明書










とりあえず現地に着いたら正面に看板があります。



これに継続検査の手続きの順番が書いてあります。



こういうところは普通車の愛媛運輸支局より親切でわかりやすい作りです。



P7240002



・・・疲れたので寝ます。明日、がんばります m(_ _)m ZZzzzz





・・・おはようございます。思い出しながら書いてみます。



まず、看板には継続検査は0.1.3.4.5の順番に回ると書いていますが



私は自賠責もはいるので正確には0.1.3.5.4.0.5.の順番でした。



(自賠責は初めに入っても検査が終わってからでもかまわないらしいです。



普通車は自賠責に入ってからじゃないと検査を受けさしてくれないはずなんですが)





おねーさんが「次はあちらに」って言ってくれるので別に心配はないと思います。



軽自動車センターの0番に行って申し込みの手続きをします。



必要書類をもらい(35円)、車検証を見ながら記入をします。



継続検査申請書の上側の枠の中は鉛筆で書き、あとはどの書類もボールペンです。



書き方は非常に簡単で書くほどでもないので省略します。



(あまりに簡単すぎて迷わなかったのであまり覚えてない)







私の場合は使用者が妻で、受験者が私なので両方名前を書く所があります。



車検証は妻の旧姓のままなので、旧姓で記入して認印も旧姓を用意しておきます。



名義や住所変更をするとまた車庫証明のような



保管場所の地図を作らないといけないのでそのまま申請しました。









そして手数料(¥1.400)重量税(¥8.800)を払い



軽自動車検査協会(5)に行き、予約番号を伝えます。



このときに「初めてです」と伝えるとワイパーにはさむ札をくれます。



これがあるとラインを通す時に、検査員がついてくれて教えてくれます。









そしていよいよ車に乗り込みラインを通します。



2コースと指示があったので行きます。



まずは建屋の入り口の検査員に書類を渡し



ボンネットをあけ車体番号、エンジン形式を確認し



車内を確認します。





それから前に進み、排ガスの検査をします。



乗用車は検査員がしてくれましたが、ここでは車から降りて自分で行います。



検査用具をマフラーに差し込みます。



機械のボタン(たしかAだったかな?)が光ってますが



何も押さなくてもいいです。勝手に測定してくれます。



電光掲示板にOKがでたら、検査用具をもどして次に進みますが



ここも検査員がついてくれますので検査員が来るまで待ちました。









そしてサイドスリップの検査ですがゆっくり前に進むだけです。



そのまま通り抜け、ローラーの上まで移動します。



まずはスピードメーターのチェックです。



アクセルを踏み、40キロまで出たらパッシングをします。



それからブレーキ、光軸の検査です。



電光掲示板の指示通りに行いますが、検査員も横にいて指示をくれます。







終わると次に進みリフトに乗せます。



この時はずっと車に乗っていてください。



「ハンドルを切って左右に動かして」等、指示がありますので従ってください。









リフトが下りて最終チェックです。



ライト周り、ホーン、ワイパー、ウォッシャー液のチェックです。



私はワイパーで引っかかりました。



ワイパーがちぎれていました。ハケが悪いなと思ってましたが



動かしてすぐだから馴染んでないからかと思いよく見てませんでした。



その為、検査はこれで終わりですが



「ワイパーを交換してもう一度持ってきて下さい」



との事なので、目の前のスズキのディーラーに持って行き交換してもらいました。







ちなみに他のメーカーの車でも共通がほとんどなので



特殊なワイパーじゃなければ大丈夫です。



一本¥1.260でした。









検査場に戻りラインの出口のすぐ外に車を止めて



検査員にワイパーを交換したことを伝えて見てもらいます。



そしてハンコをもらい無事、終了です。



P7240004



ラインの出口の写真です。入り口は右の奥になります。



それから軽自動車センターの0番の受付で自賠責を加入します。



終わると軽自動車検査協会に入り書類を提出して



車検証をもらって全て完了です。










トータルで一時間も掛かりませんでしたね。



乗用車よりも簡単な印象がありました。



たまたまかもしれませんが午前中の10時前後で



一番込む時間のはずなのに台数も少なくやりやすかったですね。



軽自動車検査協会のホームページに



ラインの細かい説明が写真付であるので



見ておくと良いでしょう。



こういうところは乗用車の運輸支局よりは親切です。



後はネット予約をできるようにして欲しいですね。今時ですから・・・





かかった費用 ワゴンR 7年落ち 6万キロ





















自賠責 ¥18.900
重量税 ¥8.800
手数料 ¥ 1.400
検査申請書 ¥ 35 
合計 ¥29.135








 平成21年7月現在



 



激安ですね。



しかし安いですが車の整備は自己責任です。



私は趣味、仕事と車に関わってきましたが



ユーザー車検が簡単すぎて、もし何も知らない人が持って行き



不具合があっても検査員が気付かなかったり



症状がまだ出ていなかったりする事もあるんじゃないかと感じました。





日頃から車の調子や変化、異音に気を付けながら乗るように心がけましょう。







もし、故障したり、それに伴い事故でもおこすと大変なことになります。







何も知らない人は一応車に詳しい人に簡単に点検



試乗してもらってからの車検ををお勧めします。



お役にたてればポチッとお願いします。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 釣りブログ 四国釣行記へ
にほんブログ村どっちか押してくれるとありがたいです。両方でも・・・



<iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2577130&amp;pid=878345553" frameborder="0" width="468" scrolling="no" height="60" allowtransparency="true"> </iframe>

スポンサーサイト

category: ユーザー車検 軽

tb: 0   cm: 1

来島海峡の遊漁船

鯛ラバの極意

来島海峡の観光なら

カレンダー

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。